読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

自閉症その他発達障害についてきちんとした診断を受けたいなら

まず最初に言っておくと、「何も問題がないならそもそも診断なんか要らない」です。発達障害において一番重要なのは「それにより重大な不具合が生じてるかどうか」ですから。
ただ、その一方で「もし発達障害っぽいことで問題が起きているなら、積極的に診断を受けるべき」でもあります。特に子どもの場合、苦手だから出来ないのに、「やる気がない」とか「反抗的」という風に周囲からみなされて、何度も叱られたりことにより、抑うつなどの二次障害を引き起こすケースが大変に多いです。もし本当に発達障害ならば、まずはその診断をもらって、別に「やる気がない」訳でも「反抗的」な訳でもないことを証明すること。そして、適切な支援をすることは絶対重要です。それを「怠け者」とか言う輩には、僕は断固として立ち向かいます。
さて、ではどうやって診断を受けるか。まぁ「医者に行こう」っていうのが第一の答えなんだけど、いきなり医者っていうのはどうも違和感がある人もいるだろうし、それにごく一部には発達障害について全然知識がないっていう医者も居るって聞きます(ただそれについてはネットの風評である程度わかるでしょう。または解説書とかの後ろのほうに載っている病院とか)。
そんな場合で、診断を受けたい、受けさせたいのが「子ども」の場合は、児童相談所に行くのが良いと思います。公的機関である児童相談所なら診断の保証は折り紙つきといっても良いでしょう。また、医者と比べて行きやすいですし、学校の先生に言う場合も「○○医師によれば〜」というより「児童相談所で〜」と言う方が説得力があります。ただそうは言っても結構学校とかの理解を得るのって大変なんですけどね……
もっと詳しく知りたい人のために厚生労働省の参考リンクも載せておきますので、特にお子さんがちょっと普通の子どもと違ってて悩んでいるという方は、是非見てください。