読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

日の丸・君が代を歌わない教員について

君が代が嫌いであることは自由。ただそれを実際に行動に移さないで欲しい。何故ならそれによって子どもたちに迷惑が掛かるから」
というのと
「反日上等であることは自由。ただそれを実際に行動に移さないで欲しい。何故ならそれによって外国人たちに迷惑が掛かるから」
というのはよく似てるなぁと。
教師が卒業式の式典とかで君が代歌う・歌わないで揉めるとき、一番被害を受けるのはそういう揉め事で、「感動的な卒業式」とかをが行えなくなる生徒なわけじゃん。だったら、真に子供のことを思うんだったら、自分が胸の内でそういうことを思っていても、それを外に出しちゃいけないよね―。

イロニー

大体「外国人のことだけを考えろ」というのなら、それこそデモの前にデモに参加する全員で日の丸掲揚・君が代斉唱でも行えば、入管とか法務省・自民党は大喜びなんじゃないでしょーか?
「ああ、こんな愛国的な外国人が日本に助けを求めているのを、私たちは見過ごそうとしていたのか!なんということだ……」というふうに、在特会の連中も、まさにいしけり氏が望むように"共感"して、外国人支援の輪に加わってくれるかもしれませんよ?
何かおかしなことを言ってるかなぁ?だって、いしけり側の主張では、「外国人支援の場では、個人のエゴを捨て、全て外国人支援に奉仕しなさい」ということなんでしょ。「支援する他者の立場を考える配慮」として、日の丸掲揚・君が代斉唱ってのは、とても良い配慮だと思いますよ?*1
はてなブックマーク - いしけり騒動についてもうちょっと真面目に - 日常ごっこ

「皮肉」とか「当てこすり」とか「真面目にやれ」とか言うけれど

そういう茶々を入れるコメントこそが、最も「皮肉」、「当てこすり」であって「真面目にやれ」だよなぁ。
「俺理論」とか言うのなら、あなたの理論で僕の主張に反論しなさいよ。
あれか、いしけり氏みたいに「ネットの議論で無駄な消耗戦をしている暇はない」ですか。
だったら今すぐブログ・ブクマなんかやめちまえ。
僕は、今までの文章全て真面目だよ。

id:tari-G

tari-G 基礎的不勉強, 勉強しようよ, 憲法, 権利, 内心の自由, 表現の自由 問題となる権利が全く違う。一方の「国旗へ起立等の敬意の表明の強制及び国歌斉唱の強制」は明白な内心の自由の侵害。他方はデモ参加者の政治的表現の自由を認めた上での工夫の可能性の指摘で権利侵害は存在しえない 2009/07/04

あったまわりーなー
じゃあ全く公権力のない市民が「君が代が嫌いであることは自由。ただそれを実際に行動に移さないで欲しい。何故ならそれによって子どもたちに迷惑が掛かるから」と言ったら、あんたはそれに賛同するのね?だってあんたは「政治的表現の自由を認めた上での工夫の可能性の指摘」ならどんな指摘も賛同するって言ってるんだから。
だから僕だって、デモする人たちの政治的表現の自由を認めた上で、「それだったらいっそ日の丸掲揚・君が代斉唱でもしたらいかかですか?」って"工夫の可能性の指摘"をしてるんだよ。
で、どうなの?あんたはこの「工夫」に賛成するのしないの?

*1:ただそれなら、日の丸・君が代に反感を持つ人は当然運動に参加できないでしょうねぇ。「反日上等を殊更に叫ぶこと」が問題というけれど、だってそのようなことを叫ぶ人たちはそのことこそが目的なんだから。