読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

ネタがない

えーとですね、よく考えたらですね、僕の休日って、殆どが夕方ぐらいまで寝て、で起きたら撮り溜めていたアニメ見たりtumblrやったりゲームやったり、で深夜アニメ見て明け方に寝る、という感じなので、そういうアニメ・ネット関連以外のことを日記に書こうとすると、殆ど書くことなんかなくなっちゃうんですね。
f:id:amamako:20120202020903j:plain
(よーするにリアルにこんな感じ。でもそれをやるのがょぅι゛ょだとこんなにも可愛くなるんだなぁ。)
というか、実はそこで四苦八苦している内に、きちんと外に出て、ネットじゃないリアルの色々なものに、見るものすべてが新鮮だった子どもの頃の気持ちに帰って、感動したりできるようになるんじゃないかと思っていたのですが、そまぁそれよりも「だらけたい」という気持ちが勝るのは当然なわけで……
そうこうしている内にいよいよ今日も終わってしまいそうなので、何か書かなきゃと思っているわけですが、思い浮かばない。
あ、そうだ、今日なんか午後四時ぐらいに地震ありましたね。僕はあれで起きたわけですが、しかしまぁ一年も経ったし、そろそろ本格的な余震とか来るんですかねぇ。
そういえば去年の3/11のログとかを見返していたんですが、改めて思うのが、あの時はやっぱみんな―僕も含めてだけど―異常だったよなぁという感想。
まぁぶっちゃけていうと、多分当時の僕にそれを言ったら全否定されるんでしょうが、しかし今の僕から見たら、やっぱり当時の僕は「わくわく」していた気がします。表向きは、平静さを装って、「この震災で何かが変わるとかそういう小言葉ってうそ臭いですよねー」とか言っているんですが、しかしまぁそれが嘘なのは本当でしたが、それを言っている当の本人が、実は「なにか変わって欲しい。これを機に、なんか世界がぶっ壊れるような姿を見たい」っていう思いに囚われていることがありあり透けて見えるわけです。
でもまぁ、みなさん御存知の通り、別に震災があったって特に本質的なことは何も変わらずなわけで、そして、僕がダメ人間であるのもそのままなわけで。
ただそろそろそのダメさが洒落にならなくなってきているというのは、さすがに当人も気づいているわけです。で、それに気づいた僕が今何を思っているかというと、

「もう一回でっかい地震起きねぇかなぁ……」

な訳ですから、僕という人間は、救いようが無いですね。
なんかネタがないからって洒落にならないこと書いている気もしますが、なんかもうちょっと明日は、きちんとネタを考えながら生きてみようと思います。何しろ、今日僕が生きる明日は、誰かが必死に生きたかった明日だそうなんで。「おめぇの人生と俺の人生って取り替え可能なのかよ」と思いますが。まぁそんなわけないわけで、実際は僕百人分の残りの人生ぐらいで、やっと観鈴ちゃんの一日に匹敵するんではないでしょ―か。だからkeyは嫌いなんだ!*1