読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

ところで

表現規制にはもちろん断固反対な僕だけれど、↓のエントリには何故か賛同、とまではいかなくても共感しちゃうんだよなー
某エロゲ問題へのブクマコメントが怖い
で、何でかを考えてたのだけれど、結局主張されてる内容とかは無関係に、文章作法として優しい意見だからかなーって思った。声高に主張するっていう感じを受け取らなかった。
というのもさー、今回のレイプレイ問題の議論を追っかけて思うのは、みんなとてもこわいんだよね。ゲーム規制に賛成する人も反対することも、みんな口を尖らせながら「絶対○○すべき/しないべきである!」って言って、それに敵対する人たちを馬鹿とか屑呼ばわり。「お前らは女性の敵だ!」「お前らは自由の敵だ!」って、相手をとにかく攻撃するわけ。
もちろん、それがいけないことかって言われれば、それは別にいけなくないことなんだろう。自分の大切な信念のために闘う。大いに結構。「エロゲ―規制を認めたら他の自由もどんどん失われ、やがて日本は全体主義国家へ!」おおー、それは大変だ。「だから君も手を取って、僕らと一緒に闘おう!」うーん……
もしこれで僕が陵辱エロゲ―大好き!それがなきゃ死んじゃうっていう人間なら、きっと声高に叫ぶ側になる、それは当然だと思うんだよ。でも僕はそういうエロゲ趣味じゃないし*1、そういう僕からすると、声高に叫ばれれば叫ばれるほど、むしろなんかこわさを感じる訳よ。そこへ、こう(恐らく)女の子の、「エロゲ―ってやっぱりこわいよう」っていう、素朴っぽく聞こえる意見を聞くと、ふらふらーっとそっちに賛同したくなるってのは、理解されないかなぁ。僕が女の子の涙に弱いだけって話かもしれないけどw
いやでもさー、考えてもみなよ、こう、道を歩いてるときにいきなり署名を求められたとして、求めてきた相手が、Tシャツジーパンにリュックサックを背負っている、眼鏡のデブ男で、「表現の自由を守るためにご協力をぉっ!」って叫んで表現規制反対の署名を求めてくるのと、求めてきた相手が黒髪長髪の眼鏡っこで、胸に十字架のネックレス何かしていて、「もしよろしければ署名お願いします(にこっ♪)」って感じで、表現規制賛成の署名お願いするのと、どっちに署名しちゃうかって、信条的には前者であったとしても、後者でしょう。それで、「もしよろしければ、喫茶店でお話でもしませんか?」なんて言われたら、それが明らかな罠であることは分かっていても、ほいほいついてっちゃうよ僕は。*2
あー、なんか話がずれてるな(何で「僕の萌えシチュエーション」の話になってんだw)。これは、何が正しいとかって話ではなくて、僕の美意識の話なんだけどさ、それが自分にとって余程大事なものでない限り、僕は、声高に「○○であるべきだ!」って主張するよりも、おだやかーに「○○なんじゃないかなぁ、かな?」って話しかける方が美しいなあって思うって話。それで、他の女の子に「でもやっぱりそれは違うと思います!(バンッ)」なんて言われたら、「あ、うーんそうかもしれないねぇ……」なんて言って折れちゃう。その程度でいるのが良いよやっぱ。
以上、有益な議論には全くなりそうもない意見でした。

追記

はてなブックマーク - ところで - 日常ごっこ

id:NaokiTakahashi いや、あのね、これで飯食ってるわけですよ。そりゃ本気で語りもするよ。人生の問題だもの。それが怖くてビビる程度の覚悟しかないのに、いい加減に他人の人生に口挟むなよ、とは思うけど。 2009/05/17

全く正当だと僕も思う。上記の書き手の女の子*3増田にも、そういえぱきちんと伝わるんじゃないかとも思う。「こっちはこれで飯食ってるんだ(ドンッ)!」って言えば、「ひっ、すみません……」とかって言って、自分の間違いを認めてくれるんじゃないかなと思う。それがきっと、正しい大人のやり方なんだろう。
でも、あくまで感情の問題として、女の子を叱ってるおじさんっつー図は、その女の子が叱られてる内容が仮に正しかったとしても、「なんかこわいなぁ、いやだなぁ」と僕は感じてしまう。それだけの話ですよ。だって、別に僕はその女の子が叱られることで何か利益を得るわけでもないもの。陵辱エロゲ―がプレイできたって別にうれしくもないし、id:NaokiTakahashi氏がそれで飯食えたって僕が飯食えるわけでもなし。
でも一方で、だからこそ僕はエロゲ―を批判する資格もまたないことを自覚してます。ていうかこの文章がエロゲ―批判の礎になるとかありえないでしょう?っていうか今回の文章はむしろフェミニストの方が烈火の如く怒りそうだし。

*1:何せ「ヤンデレ好き」だものなー

*2:っていうか、そういう始まり方のするエロゲ―とかないかなぁw

*3:敢えて「女の子」と言う。このエントリでは、「感情」について話していて、そして僕の感情においてこの書き手は「女の子」だから