あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

ネットの汽水域では生きられない「厄介な人」について

p-shirokuma.hatenadiary.com
シロクマ氏の記事、基本的な部分としては同意しかありません。というか、まあ同じような話は、それこそ何回もしてきたわけで。
amamako.hateblo.jp
上記の記事で述べられてる「はてな村(的などこか)」というのは、要するに上記の記事で言う「駄サイクル」で、そして多くの人にとっては、「駄サイクル」的な場所でこそ、自らのインスピレーションを滋養する場所になるというのは、至極まっとうな話だと思うわけです。

ただ、そのように思う一方で、自分個人の経験に沿って言うならば、こうも思う訳です。

いや、はてな村ってそんなやさしい場所じゃ無かったよ」と。

そりゃまあ、シロクマ氏とか、あるいは下記のブコメで挙がってるような

帰ろう、はてな村(的などこか)へ。 - シロクマの屑籠

kanose、otsune、はしごたん、Hagex。レイプレイ事件ではオタクは犯罪者予備軍なんてな議論がなされ、飛び交う手斧(idコール)でブクマタワーが天井まで行くことも、承認欲求が一世を風靡する中、綴られたはてな村奇譚。

2022/11/25 13:31
b.hatena.ne.jp
はてな村民の代表格と言えるような人たちかすれば、はてなダイアリーのような場は、「自由に、ゲコゲコと、かえるのうたを歌」える場所だったのかも知れませんが、

はてな村」や当時のツイッターは、まさに井の中の蛙の空間でした。あるいは湾や入り江や汽水域のようなものでしょうか。グローバルな大海に一応繋がってはいるけれども、意識としても実装としても現実としてもたかが知れていて、身内的で、だからといってFacebookとも違っているインターネットの数ある小さな井戸、または水たまりでした。そこで私たちは自由に、ゲコゲコと、かえるのうたを歌っていたわけですね。

当時はてな村の片隅で記事を書いていた僕からすれば、そんな安心感を感じたことはほぼなくて、むしろ「ここは戦場。やらなきゃやられるんだ!」みたいなプレッシャーを常に感じていたわけです。

ていうか、はてな村に限らず、自分の考えを世に出して発表するとき、僕は常に「これで誰かから叩かれるかも知れない。ていうか絶対叩かれるんだろうな。」という恐怖を抱いてきました。自分が、割と他人を叩くことに躊躇がない人間だからこそ、他人も、自分がちょっと隙を見せたら即叩いてくるだろうなと、そう思っているわけです。

「そんな考えで常に居たら疲れない?」と思う人も居るかも知れません。そんなの、疲れるにきまっています。「叩かれる心配がなく、自由に意見を発表できる場所」というのは、僕の憧れだったし、そして、そういうネットコミュニティと関わりを持とうとしたこともありました。

でも、なぜか僕は、そういう安心できる場所に行くと、途端に筆が止まってしまうんですね。そして、なぜか「この優しさの欺瞞を暴きたい」と考え、みんながぬるーく思いを吐露している場所で、いきなり他人を攻撃する長文をあげたりしてしまう。で、そこのコミュニティの人たちと喧嘩して、コミュニティから追い出されてしまうわけです。

多分、あまりに考えを叩かれることが日常だったがために、逆にそういう場所に適応した形でしか、自分の文章を書けなくなっているのだと思うのです。

もちろんこれは、ネットリテラシー的にも、精神衛生的にもよくないことなのでしょう。大多数の人、特にこれからネットの海に飛び込んでくような若い人たちには、絶対こんな立ち振る舞いしかできない大人にはなってほしくありません。

その一方で、僕が思うのは、「でも結局自分は、これまでこういう生き方しか出来てこなかった以上、これからもこういう生き方しか出来ないんだろうな」という、ある種諦念にも似た感情です。

世の中の多くの人は、いきなり叩かれることなく、心理的安全性をもってみずからの思いを吐露できる場所、まさにネットの汽水域みたいなものが必要なのでしょう。

しかし、中には、そういう汽水域ではむしろ息苦しくなってしまう、端的に言って「厄介な人」もいるわけです。

そういう人は、例え汽水域のような場所を見つけても。自分からそこを荒らしてしまう。そして、大海に追い出され、消耗していき、やがて、自らの身を亡ぼす。

でも、そういう生き方しか、できないんだよなあ。

そして更に言えば、そういう生き方に、ある種の「美しさ」を感じてる自分も、いるのです。

セカイは果たして開かれたのか閉じられたのか―『すずめの戸締まり』考察

というわけで、『すずめの戸締まり』2回目鑑賞してきました。

amamako.hateblo.jp
公開日当日に『すすめの戸締まり』を見た感想は↑だったんですが、それから様々な考察を読んで、その考察の視点を取り入れながら映画を見てみると、1回目見たときとは大分違う感想を抱くようになりました。

そこでこの記事では、『すすめの戸締まり』についての人々の考察・レビュー記事を参照した上で、もう一度『すずめの戸締まり』という作品について考えていきたいと思います。

賛否両論分かれる『すずめの戸締まり』感想

公開から既に半月経つ中で、すずめの戸締まりについては様々な感想・考察記事が記されました。

作品を評価する肯定的な記事が、↓のように書かれる一方で

「どうもここは受け入れられない」という様に否定的な評価をする記事も、↓で示すように書かれています。

僕個人が書いた記事も、どちらかというと否定的な評価と言えるでしょう。

そして、このような評価の違いは、2つの点をどう評価するかということの違いによるものだと、僕は考えます。

その2つの点とは

  1. 悪意を排除し、優しさと善意しかない明るい存在として、日常世界や、他者・過去を描くことをどう評価するか
  2. 「みみず」という災厄を人間がどうにか出来るものとして描いていることを許せるかどうか

です。

続きを読む

カタールワールドカップに対してどういう態度を取れば良いのか

amamako.hateblo.jp
とりあえず記録として上記の記事を書いたわけだけど、当たり前のこととして今回のカタールワールドカップに対する立場は、上記の記事で示したような、2項対立に収まる物では本来無いです。

今回のカタールワールドカップや、その大会における様々な表現・活動、及びそれに参加しているサッカー日本代表への評価というものは、以下の様な要素が折り重なった中で重層的に下されるものだと思います。

  • スポーツにおいて反差別であったり、政治的なメッセージは持ち込んでいいのか
  • カタールの反同性愛は「文化の違い」として容認されるべきなのか否か
  • 日本代表を応援しなかったり、嫌うことは許されるのか

しかし、スポーツというものの熱狂の中では、上記のような複雑さというものを無視して、「で、結局日本代表を応援するのしないの!」という単純な二項対立に還元されてしまいます。

そこで、敢えてそういった熱狂から距離を置いた考察も必要なのでは無いかなと思って、本記事を書きます。

続きを読む

日本対ドイツ戦が反西欧・リベラルの旗印となった日

時代のメモとして。

昨日(2022/11/23)、ワールドカップの予選リーグで日本がドイツに勝利したわけですが、それ以降以下の画像が、インターネット上の画像貼り付け掲示板やTwitterで盛んに目にするようになりました。

img.2chan.net

4 22/11/24(木)15:09:45No.996782816
中東の野蛮な国家が欧州の先進的な思想を否定しやがった
極東の田舎者ボコすついでに我らの素晴らしい考えを教育してやろう

5 22/11/24(木)15:10:19No.996782956
>中東の野蛮な国家が欧州の先進的な思想を否定しやがった
>極東の田舎者ボコすついでに我らの素晴らしい考えを教育してやろう
ピコーン!
2-1!

31 22/11/24(木)15:29:14No.996787451
クソパヨクに阿って無様に負けてるのクソ哀れだな

35 22/11/24(木)15:29:57No.996787623
他国の文化に敬意も払えないアホどもが一丁前に伝道師気取りしてるの擁護する人って…

38 22/11/24(木)15:31:46No.996788066
差別は駄目だよって言ってる奴らが試合中に相手を舐めプして無様に負けるのいいよね

97 22/11/24(木)15:52:52No.996793086
欧州の感覚は知らんけどスポーツマンはスポーツで勝つのが仕事であって政治的なことは政治家の仕事だと思うんだけどな…

ドイツのこの口を抑えるアピールは、下記の記事で示されているように、カタールの同性愛・外国人差別を批判する意図があったわけですが
www3.nhk.or.jp
要するに上記の画像を示す人たちは、そういったドイツの姿勢を、「他国に自分たちの価値観を強要する態度」として批判し、そのようなドイツを日本が下したことで、「ざまぁみろ」という感情を抱いているわけです。

また、更にそこから「差別に反対するドイツを賞賛する日本のポリコレ・リベラル」についても、憎悪の感情が発露しており、以下のようなTogetterまとめが作られたりしています。
togetter.com

つまり、反ポリコレ・リベラルの中では

  • 西欧の価値観を押しつけようとするポリコレ・リベラルに毒され、スポーツに政治を持ち込む西欧
  • それぞれの国の文化を尊重し、スポーツに政治を持ち込まないカタール・日本

という対立の図式があり、そして昨日の日本対ドイツ戦は、にっくき前者を自分たち後者が打ち負かした試合として、喜ばれているわけです。

そしてそれらの見解を強化する材料として、いつもの「日本のサポーターは礼儀正しくて現地の人々に喜ばれている」という話や


カタールの人々が日本の勝利を喜んでくれた」という話が喧伝されています。
togetter.com

またサッカーが排外主義を呼び起こすのか

僕がこのような動きになぜ注目するかといえば、同じようにサッカーワールドカップが、日本の排外主義の火付け役となった事例が過去にあったからです。

2002年、日韓共催サッカーワールドカップが開かれたわけですが、そこでの韓国チームに対する嫌悪こそが、その後「嫌韓」と言う形でネットを席巻し、ネット右翼の源流ともなったと言われています。

ただ当時は、「所詮サッカーでの盛り上がりなんてたいしたことない」という見方が殆どで、ワールドカップによる排外主義の盛り上がりに注目していたのは、香山リカ氏などごくわずかでした。

では今回のカタールワールドカップも、2002年の日韓ワールドカップのように、「反西欧」の火付け役となるのか?その可能性は大いにあると考えるため、後に調べる人たちの参考になるように、ここにログを残しておきます。

追記(2022/11/25 12:11)

続き記事書いた。
amamako.hateblo.jp

克服の物語と、まつろわぬ者たち―『すすめの戸締まり』批評(ネタバレあり)

というわけで、早速『すすめの戸締まり』を、公開日(2022/11/11)の9時10分からの回で見てきました。前作の『天気の子』が僕的にはかなりぶっ刺さり映画だった
amamako.hateblo.jp
ので、今回の映画も非常に楽しみにしていたわけです。

で、鑑賞した感想なんですが、一言で言うと次の2つになります。

「すごい映画だったというのは肌で感じるし、これこそ現代の日本に求められている『物語』なのかもしれない。」

「でも、僕個人としては、『これでいいのか?』と思ってしまう」

なぜ僕がこう感じたのか。以下の文章で説明していきます。なお、説明上どうしてもストーリーのネタバレを避けることができないので、今回の記事ではネタバレありで感想を書きます。ので、視聴前の人はできれば視聴してから読んでいただけると幸いです。

続きを読む

しょーもない記事ばっかブクマされるはてブが嫌い

今日のうんざりネタ。

 

ジブリパークについて、以下の増田記事が、はてなブックマークで多くのブクマを集めています。

ジブリパーク、ダメかもわからんね

2022年11月05日曜日現在、ブクマ数は519ですね。

一方で、ジブリパークについては下記のような記事もあります。

#ジブリパーク で失った言葉の置き場|岸田 奈美

こちらは、現時点で58ブクマ、前の記事より十分の一ブクマが少ないわけです。

ところが、両者の記事を読み比べてみれば分かることなんですが、記事としてのクオリティを見れば、前者の記事より後者の記事の方が明らかに優れてるわけですよ。記事に含まれている情報量も、信憑性も、そして一番重要な熱量も・明らかに後者の記事の方が多い。

なのに現在のはてなブックマークでは、前者の記事が後者の記事の十倍のブクマを集め、ホットエントリになってしまうわけです。

いやまあ、理由は分かりますよ。前者の増田記事の方が、記事タイトルがキャッチーですし、さっと短時間で読むことができますもんね。前者の記事のような、単純に何かを貶す記事の方が、注目を集めるのが、残念ながら現代のインターネットなわけです。

でもだからこそ、はてなブックマークのようなサービスでは、後者のような、本当の意味で中身のある記事が紹介されるべきなんじゃないですかね。クリックベイトでPVを集めりゃ勝ちみたいな風潮に抵抗し、本当に良い記事をみんなで紹介していこう。それが、はてなブックマークのようなソーシャルブックマークサービスの、当初の理念だったはずなわけです。

 

みんなもうちょっと真面目に、インターネット使おうよ。

日本のテレビドラマって、なんで職業の魅力を描けないんだろう

先日、テレビを見ていたらなんかゲーム制作をテーマにしたドラマが放映されているらしくて、普段あまり地上波のゴールデンタイムにやっているドラマを見ない僕も、ちらっと流し見してみたんですよ。

で、見てみたんだけど、まーこれがひどい出来で。「ゲーム制作」の楽しさとか魅力が一切伝わってこない出来だったんですね。これならAmazonPrimeで『世界を変えたテレビゲーム戦争』

でも見ていたほうがよっぽどマシだなと思うような。あるいは、それこそ『NEW GAME!』とか『ステラのまほうとか。

で、考えてみると、自分、日本のテレビドラマ、それも地上波のゴールデンタイムにやっているようなテレビドラマで、「このドラマで描かれてる職業に興味湧いたな」と思ったこと、全然ないんですね。医者・看護師・消防士・パイロット・政治家・アナウンサー……色々職業をテーマにしたドラマはあるのに。

職業をテーマにしたドラマに興味がないのかなーとも思うんですが、外国のドラマだとむしろそういうドラマは大好きなんですよね。というかもともと『ER』

ザ・ホワイトハウス『ニュースルーム』マネーボールといったアーロン・ソーキン脚本が大好きだから、むしろ洋ドラでは職業ものばっかり見ている感じで。

更に言うと、日本の作品でもアニメや映画には、職業をテーマにした結構面白い作品があると感じるわけです。アニメならそれこそ『SHIROBAKO

波よ聞いてくれとか好きな作品があるし、実写映画でも『ラヂオの時間南極料理人クライマーズ・ハイとかなんかは、面白いし、そこで描かれる職業に興味が湧くわけです。

ところがテレビドラマになると、途端に上記のような作品と比べ、リアリティに粗が目立つし、更に重要なのが、そのドラマで描かれる職業に、興味が沸かないんですよねぇ。ていうかお話自体も、「この職業固有の面白さ・魅力で盛り上げよう」というものではなく、「職業がテーマだけど、ドラマの魅力は別にその職業の魅力じゃなくてもいいです」みたいな感じで作られてるように見えて仕方ない。

なんだろうなー、なんか企画の仕方が根本から間違ってるんじゃないかと疑いたくなるわけです。上記のような作品は、まず最初に職業自体の面白さ・魅力を知っている人が「この職業の面白さを知ってくれ」と思って企画を立ち上げ、作り手側もそういう気持ちを共有していると思うんですけど、日本のテレビドラマはそうでなく、そもそもテーマとなる職業になんの思い入れもない人が、自分の作りたいドラマを作るために職業をダシにしてるだけなんじゃないかと、そう思えてくるんですね。

それが、むしろ「職業もの」大好きな僕からするとムカついてしまう要因なのかも、しれません。

老害にならないためには努力が必要、ということ

anond.hatelabo.jp
これと似たようなことは、僕もちょくちょく思っていたりする。


自分たちが若い頃は、スポーツ紙とか昼間のワイドショーとかでコメンテーターたちが、いわゆる「若者文化」について知ったような口を叩くのを見て、「ああいう大人にはなりたくねーなー」と思ってきたわけですよ。

ところが、自分たちがいざおじさん・おばさんになってみると、その頃僕らが馬鹿にしてた大人たちと同じことをやっているわけですよ。

で、そういう年代になると分かるわけです。「ああ、人って自然に生きてるだけじゃ、自然とああいう老害どもと同じになっちゃうんだなぁ」ということが。

いかに人は老害になっていくか

若い頃というのは、まだ人生経験も浅いですから、何を見ても新鮮で面白いものです。さらに言うと、バイタリティも溢れているから、新しい技術・文化をどんどん摂取し、それにのめりこんでいくことができる。

ところが、年を経ていくと、新しい技術・文化を見ても、「これと似たようなもの散々見た」と思ってしまう。実際は、確かに過去の反復も含んでいるかもしれないけど、その中には新しいものが含まれているのに、表層の要素の一部だけチェリーピッキングして、「昔の焼き直しでしょ」と言いたくなるわけです。

そして、過去に自分が摂取した技術・文化の単なる焼き直しとして新しい技術・文化を捉えるから、当然その新しい技術・文化に対する評価も厳しくなる。しかしその一方で、若い人は、かつて自分がそうだったように、自然と新しい技術・文化にのめりこんでいくから、加齢した身からすると冷や水を浴びせかけたくなるわけです。

しかし、結局その冷や水も、新しい文化・技術の表層を撫でたものでしかないから、若者にとっては当然とんちんかんで的外れな指摘になるわけだ。こうやって、かつて自分たちが忌み嫌っていたはずの老害に、自分がなっていくわけですね。

新しい技術・文化は、きちんと勉強しなくてはならない

では、こういう老害にならないためにはどうすればいいか。

まず言えることは、単純に「新しい技術・文化に対し、それをよく知らないままコメントしない」という、ごく当たり前のことです。

ただ、そこで沈黙して、ただ見守るだけの存在になるというのもなかなか難しいわけです。というか、そんなまっとうなことができる人たちばっかなら、そもそもはてなブックマークなんて存在してないわけで。

だったらせめて、「全くとんちんかんなことばっかり言う老害」ではなく、「言ってること10の内、7個は的外れだけど3個ぐらいは的を射ているおじさん・おばさん」になればいいんじゃないかなと、僕は思うわけです。

で、それに必要なのは、やっぱりきちんと新しい技術・文化を勉強していくことなわけです。

ところが、この勉強というのがなかなか難しい。若い内は、新しい技術・文化って、勉強しなくても、自然と摂取し、のめり込んでいくものなんです。周りに、既にそれに触れている人たちがいっぱいいるから、そういう人たちと交流することで、自然と知識や感性が身についてくる。

ところが、おっさん・おばさんになってくると、周りを見ても同年代の人らは、やれ資産形成だの結婚だのと言ったしょーもない話題ばっか話してるわけで、未だに新しい技術・文化に関心持とうとする人なんてほとんど居ないわけです。昔は、それこそ夜通し美少女ゲームとかアニメとか語れたような人たちだったのに。

そうなると、独学で勉強しなくてはならない。しかも、昔は何をみても「新しいな」と感じられたから、受動的に技術・文化を摂取していても楽しかったですが、いまは能動的に、新しい技術・文化の何が「新しいか」を、自分で発見しに行かなきゃならないんですね。ところが、若い頃若者文化に触れてきた人でも、案外「能動的に楽しさを見つける」というのは、やってこなかった人が多いので、これもなかなか難しい訳ですね。

ただ、それでも僕はこう言いたいわけです。「加齢したって、新しい技術・文化を学ぶことはきっと楽しいよ」と。