読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

君は「大室櫻子」ではないのか?

「ゆるゆり」という漫画/アニメの大室櫻子というキャラになりたい、最近自分は櫻... - Yahoo!知恵袋

ゆるゆり」という漫画/アニメの大室櫻子というキャラになりたい、最近自分は櫻子なんじゃないかという考えに取り憑かれています。
当方25歳の会社員です。
架空の女子中学生になりたい妄想って異常でしょうか?

補足
25歳男性(営業)です。

それわざわざ補足する意味あるのかなぁという点も含めて、なかなかの美文ではあるのだが、しかしこれに対するベストアンサーが更に上を行っていた。

私も以前は32歳の営業として社会生活を送っておりました。

生まれ持ってのコンプレックスを持った容姿と、
女性とまともにしゃべることのできないコミュニティスキルの欠如、
さらには社会的に不適格とされる性癖を持つことによるソーシャルとの乖離。

全てはこの世界が悪いのだと心の底より信じて疑わない、一歩道を間違えれば犯罪者にもなりうる存在であったとも思えます。
その呪縛から解放してくれたのが大室櫻子でした。

私も質問者様と同じように社会から鬼子と呼ばれ忌み嫌われる中で、あるいは架空の女子中学生になれるのならば、と強く思い続けてきました。
ご安心ください、その願いは叶いました。

今では七森中に通う1年生の13歳として、毎日を楽しく過ごすことができています。
質問者様におかれましては、辛く、不遇の現実があろうことかと思いますが、あきらめないで信じ続けてください。
あなたのその思いは「妄想ではなく、祈り」なのです。いつか夢が開くときがくるでしょう。

最後に一言だけあなたに贈ります。

「ふっふっふ。25歳男性(営業)ちゃんへのプレゼント! それは……! この私、大室櫻子本人です!」

気狂いである。というか、その大室櫻子(元32歳営業)が大室櫻子なら、なおさら25歳営業氏が大室櫻子であるわけがない。刹那氏も言っている。「お前達が大室櫻子であるものか!」と。
しかし、さんざんひとしきり笑った後、僕はふと気づいた。はてしてこの文章が、狂っていると一体誰が立証できるのかと。これがはたして、本当の大室櫻子による文章でないと言える根拠は一体何処にあるのかと。それを判断する根拠はどこにもない。真空の中に、ただこの文章だけが厳然と存在し、そしてそれを真実と捉えるか妄想と捉えるかは、ひとえにどちらを信じるかという信仰、ビリーフの中にしかないのである。そして、一度その信仰の協会を踏み越えるならば、そこではまさに、この大室櫻子こそが大室櫻子であるという真実が、そこに生まれるのである。
そして、このような視点に立った時、そこには新たな思考のフロンティア、未だ開拓されぬ原野が姿を表す。一体、大室櫻子を見るその瞳が、大室櫻子ではないとどうして言えるのか。観測者と被観測者を分離し、そこに絶対的な断絶を生んだことから近代的人間観は始まった。だが、観測者は自らを観測し得ぬものであるがゆえに観測される者と異なるというその論証は、結局、観測され得ぬものに対する信仰告白にすきせなかったのではないか?あたかも洞窟に写った影を真実と見誤ることと同じように。観測者と被観測者が同一であるという、その真実を信仰した時に、全ての限界は破壊される。そう、25歳営業氏も大室櫻子(元25歳営業)となり、そしてこれを読む君も、そして僕も、大室櫻子となるのだ。そう、まさに、この大室櫻子(元32歳営業)により、世界に大室櫻子が〈プレゼント〉され、そしてかつて宇宙とよばれたものは、真の姿を露わにする。
ハッピーバースデー大室櫻子(元宇宙)!




ま、僕はあかりちゃんだけど。