あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

「早熟だけど脇が甘い未成年」のWeb上での表現はどのような配慮が必要か、自分の考え

DSC_0520
togetter.com
というまとめを作成したらid:okome_chan*1から以下の批判を受けまして。

食人鬼マンガから考える「早熟だけど脇が甘い未成年」を大人たちはどう受け止めるべきか問題 - Togetterまとめ

どう受け止めるべきかもクソも、この子に何かしらの問題があるなら周りの大人が直接注意するだろうし、少なくともインターネットの大人がすべきことはこんな「相手のことを考えたフリの叩き記事」を作ることではない

2017/07/20 13:50
b.hatena.ne.jp
どう受け止めるべきかもクソも、この子に何かしらの問題があるなら周りの大人が直接注意するだろうし、少なくともインターネットの大人がすべきことはこんな「相手のことを考えたフリ

id:okome_chan叩き記事にならないように、敢えて直接引用はしてないんですが、それじゃ配慮が足りないでしたかね。じゃあどこまで配慮すればいいの?というのが、このまとめで問題としていることでもあるんですが。

2017/07/20 14:49
b.hatena.ne.jp
どう受け止めるべきかもクソも、この子に何かしらの問題があるなら周りの大人が直接注意するだろうし、少なくともインターネットの大人がすべきことはこんな「相手のことを考えたフリ

id:amamako 高確率で描いた人の目にとまる時点で画像を貼らない意味なんてないのでは?というかツイートであなたは「こんなんは中二病の萌えにすぎない」って話しかしてないわけですけどこれのどこが議論なんですか?

2017/07/20 15:10
b.hatena.ne.jp
id:okome_chan叩き記事にならないように、敢えて直接引用はしてないんですが、それじゃ配慮が足りないでしたかね。じゃあどこまで配慮すればいいの?というのが、このまとめで問題として

id:amamako 「叩き記事にならないように」という発言からすると、この記事が叩きにあたるという自覚はあるわけですよね。その上であなたは「この作品は中二病だ、中二病は恥ずかしい」という旨の発言しかしていない。

2017/07/20 15:16
b.hatena.ne.jp
id:amamako 「叩き記事にならないように」という発言からすると、この記事が叩きにあたるという自覚はあるわけですよね。その上であなたは「この作品は中二病だ、中二病は恥ずかしい」

id:amamako 「この漫画はこうだから中二病だ」という話はしていても、じゃあ中二病の何が問題なのかの根拠が示されていない。私が読み落としてるならここですと示して下さい。(あなたの発言で、です)

2017/07/20 15:25
b.hatena.ne.jp
id:amamako 「この漫画はこうだから中二病だ」という話はしていても、じゃあ中二病の何が問題なのかの根拠が示されていない。私が読み落としてるならここですと示して下さい。(あなたの

id:amamako  また、もしこのまとめが少女やそれに準ずる存在のためのものであるなら、このまとめによって少女やそれに準ずる存在に与えたい「良い影響」があるはずですがどんなものを想定していますか?

2017/07/20 15:36
b.hatena.ne.jp
なるほど確かにあのまとめからだけではこういう批判も受けるよなぁと思ったので、この記事では、じゃあ具体的にぼくが何を問題視してあのまとめを作ったのか、そして現時点でぼくが、「早熟だけど脇が甘い未成年」のWeb上での表現はどのような配慮が必要だと考えているか、スタンスを表明しておきたいと思います。

今回の記事の要約

  • 今回作ったまとめの目的は叩きではないが、結果として叩きを誘発させてしまったことは反省点として受け止めたい
  • 今回作ったまとめの目的は、「早熟だけど脇が甘い未成年」のWeb上での表現はどのような配慮が、より一般的な議論を促すこと
  • ポジティブな言及は面と向かって、ネガティブな言及は対象をぼかしてというのが、一番いいのではないか

なんであのまとめを作ったのか

叩きが目的ではない

まず最初に言っておきたいのは、別に今回話題となっているマンガの作者の表現を叩いたり批判するのを目的に、あのまとめを作ったわけではないということです。
というか、もしそうだったらマンガ自体やそのマンガの作者の発言とかも遠慮なく引用してきてますし、発言だって、あのマンガの内容を厳しく問題視しているtwitter上の論客や、マンガに付いたはてブコメントからコメントを引用してきますね。
ただその一方で、あのまとめが結果として、マンガの作者への叩きを助長する効果を生み出してしまっている、ということについては否定しません。そこは、もうちょっとうまいやり方があったのではないかという反省材料ではあります。
ただ、じゃあ具体的にどうすればいいのかというのは思いつかなかったり……例えばtogetter上には、僕のまとめとは違い、あのマンガをベタに絶賛している発言だけを抜き出したまとめがあったりしますが、それですらコメント欄で、マンガに対する批判意見が噴出してしまっているわけで。僕としては、そういう批判意見を見越した上で「いやそういう批判は重要じゃないんだよ。ただ描きたかったシチュエーションを描いちゃっただけなんだから、キャプションやメッセージを重視して批判するのではなく、生暖く見守ろうよ」という批判への反論を先回りして書いておいて


批判をあらかじめ押さえ込もうとしたわけですが、結果としてはそれでもうまく行かず、SNS上での論調のコントロールって難しいなと。

「早熟だけど脇が甘い未成年」を大人たちはどう受け止めるべきか、という問題をみんなで考えたかった

で、あの作品の叩きが目的でないとしたら、じゃあ一体何が目的だったかと言えば、それこそtogetterのタイトルで説明したとおり、「早熟だけど脇が甘い未成年」を大人たちはどう受け止めるべきか、という問題をみんなで考えたかった、ということです。
ですからぶっちゃけ議題にするのは今回言及しているマンガでなくても良かったんですが、しかし事実として、あのマンガを契機に議論が盛り上がった以上、まとめとしてはそれを含まざるをえなかったわけです(もしかしたら、多少まとめとして見にくくなったとしても、マンガに対する言及を含むべきではなかったのかもしれませんが)。
あのマンガに限らず、近年のWeb、特にtwitterなどのSNS上では、以下のような炎上が頻発しています。 *2

  1. ある表現者が、「世間に対して問題提起したい」とマンガをアップロードする
  2. 最初は絶賛され、バズっていくが、バズっていくにつれ批判も目立つようになる
  3. 表現者がその批判にメンタルをすり減らす

しかしこれらの表現が、きちんと自分の表現に対して責任を持てるし、また持たなきゃいけない、成人による表現である限りは、これら炎上はそんなに問題なわけではありません。むしろ、問題提起的な表現を投げかけたんだから、それに対して、批判も含め様々な反応が出るのはむしろ正常な状態と言っていいでしょう。
ただ、もしこういう表現が、未成年によって行われるとなると、話は別になるんじゃないでしょうか。
例えそれが叩きではない正当な批評・批判だとしても*3、「自分の作品が多くの人に否定されてしまった」というのはその未成年の表現者にとって大きなトラウマとなるでしょう。「批判」というものをことさら嫌がる現代の若者においては特にそうです。*4事実、今回話題になった漫画を書いた人もアカウントを閉鎖してしまいました。
もちろんこれに対して、「成年だろうが未成年だろうがネット上では平等に扱われるべき。叩かれてメンタル傷つけるのはその人の自己責任」というマッチョな立場もあるでしょう。かつて未成年のころから色々ネット上で主張していた僕もそのような立場でした。
ただ、色々経験してきて思うことは、いくら未成年が自己決定権とかを振りかざして、一人前の大人として扱ってくれと主張しても、大人には「子どもを保護する責任」があり、その未成年の将来にとって害になってしまうこと(例えばインターネット上で傷ついてメンタルが不安定になったり、ネットにのめりこんで、勉学や友達付き合いといった、リアルでの活動がおろそかになったり)は、例え当人がそれを望んでいたとしても避けさせなければならないのではないかということなのです。
さらに言えば、昔のはてなのように精々数百人ぐらいで議論していた時代ならいざしれず、今は一旦twitter上とかで炎上し始めれば、数万単位で批判意見とかが殺到するわけです。それを未成年に一手に引き受けさせるっていうのは、流石に酷に思えてならないのです。
では、どうすればそういう、(かつて自分がそうだったような)「早熟だけど脇が甘い未成年」が、インターネット上で傷を負わず、健やかに成長できる環境を、大人たちが作れるのか、それが、このまとめで議論したかったことなのです。そして、そういう議論を行って、未成年が健やかに成長できる環境を作ることは、回り回って、少女やそれに準ずる存在に与えたい「良い影響」になるのではないかと、考えているのです。

「早熟だけど脇が甘い未成年」のWeb上での表現はどのような配慮が必要か

何も言及しない

まず、最も簡単な配慮として考えられるのが、「何も言及しない」という選択肢です。未成年が何か表現をしても、それは未成年のすることなんだから、大人は相手にしないと、そういう選択肢です。
個人としてこういうスタンスを取ること自体は否定しないです。特に、未成年者自身が「私の作品はこういうスタンスで接してほしい」と言うのなら。が、これを他人に推奨したり、自分自身のスタンスとして取り入れる気にはなれません。問題提起として表現をなげ掛けてきたのに、それに対して何も反応しないということを、未成年者当人が望んでいるとは考えられませんし、大部分の人は、何か心を揺さぶられる表現を見たら、それに対して言及したがります。
第一、もし一切何も言及されたくないのなら、わざわざインターネット上で全体公開せずに、クローズドなSNSとか、それこそ自分のノートとかに書き留めておけばいいわけで、そこをわざわざインターネットで全体公開するなら、やはりそこではある程度、他者から言及されることを望んでいると考えられるでしょう。
(最近の若者はクローズドな環境とオープンな環境の区別がついていない、という話もありますが、もしそうならそれは、「クローズドな環境でしか、全世界に知られて困る話はしない」という、ITリテラシーの基礎を地道に教えていく、という結論にしかならない気がします。)

ポジティブな言及しかしない

次に考えられる配慮として考えられるのが、「ポジティブな言及しかしない」という選択肢です。未成年者の表現に対してはネガティブな言及はせず、とにかく褒めて褒めて褒めまくれというわけです。
これは、一見最適解に思えます。もしこれがインターネット全体で可能ならば、そうすべきでしょう。
しかしこれは実質的には不可能です。なぜなら、どんな表現であっても、それを良いと思う人も居れば、悪いと思う人も居るわけです。そこで、「良いと思う人」ばかりが発言し、その言及がネット上を席巻すれば、当然それに「悪いと思う人」は反発するからです。ポジティブな言及ばかりであることは、ネガティブな言及の呼び水となってしまうのです。
これは、今回話題となったマンガに対しての言及においても起こったことです。実際、ネット上での今回のマンガの流れを見てみると、最初はこのマンガを絶賛する、ポジティブな意見ばかりでした。しかしそうやってポジティブな言及ばかりがネット上で拡散されていくと、それに対して批判的な意見を持つ人が出てきます。実際、このマンガに対する批判を見ると、初期の批判はその殆どが、このマンガ自体を批判するものでなく、このマンガを賞賛する意見への批判として、なされています。
このような現象は、一つのtogetterまとめ内に限定しても観察できます。togetter上で今回のマンガについて調べると、僕が作ったまとめとはまた別に、マンガに対する賞賛意見ばかりを集めたtogetterが見つかるでしょう(そのまとめはこのマンガを直接引用して言及しているので、僕の記事からはリンクは貼りません)。しかしそのtogetterのコメント欄を見ると、「むちゃくちゃ絶賛されてるけど、自分はこのマンガそんなに良いとは思えない」という風に、見事にマンガに対する批判意見ばかりが書き込まれているのです。このことからも、ポジティブな言及ばかりを行うことは、むしろネガティブな言及を喚起してしまうのです。

ポジティブな言及は面と向かって、ネガティブな言及は対象をぼかして

じゃあどうすればいいか、ここで僕が提案するのは

ポジティブな言及は面と向かって、ネガティブな言及は対象をぼかして

という配慮の方法です。今回の言及の仕方でも、これが採用されているということは、今まで記事を読んでいただいた方なら、分かると思います。
具体的に言うなら、ポジティブな言及をする場合は直接リプライを飛ばして言及する。「これはネガティブな言及と受け取られそうだなー」と思った場合は、直接リプライしたり、個人名を挙げて言及するのではなく、対象をぼかしてそれとなく言及する、という方法です。
この方法の利点は、まず何と言っても、未成年者が能動的に自らに対する言及を探しにいかない限りは、ポジティブな言及ばかりを受け取れるという点にあります。リプライばかりを見てれば、批判や否定・叩きに怯えて心を病むこともないというのは、何より大きなことです。
そして、この方法ではネガティブな言及をすること自体は否定されませんから、ネガティブな言及をしたい人も満足させますし、ちょっと調べれば賛否両論が既に行われていることがわかりますから、先に述べたような「ポジティブな言及ばかりだから俺がネガティブな言及をしてやろう」というネガティブな言及への呼び水効果も抑えられます。
そして、この方法が何より良いのは、ネガティブな言及に接するか接しないかが、未成年者当人の判断に委ねられているということです。受動的に言及を受け止める限りは、ポジティブな言及しか目に入りませんが、ちょっと能動的にエゴサーチを行えば、ネガティブな言及も目に入る。しかしそれも、能動的なエゴサーチをやめてしまえば目には入らなくなり、再びポジティブな言及ばかりの世界に戻れる。
未成年者は、いつまでも未成年者であるわけではありません、いつかは大人となり、ポジティブな言及・ネガティブな言及両方に真っ向から晒される、そんなWeb空間に放り出されるのです。そこで過度なショックを受けないためにも、適度な範囲でのネガティブな言及というのは、元々そんなに悪いわけではないはずなのです。そこで「適度な範囲」に、ネガティブな言及を摂取するのを抑える知恵が、この方法にはあるのです。「ネガティブな言及も知りたいなー」と思うなら、より能動的にエゴサーチをする。しかし、そこでネガティブな言及を摂取しすぎて、心が病みそうになるなら、エゴサーチをやめる。そのようにして、ネガティブな言及を適度に摂取することが、この方法なら可能となるのです。
もちろん、この方法にも欠点はあります。ネガティブな言及を摂取する量は、あくまで未成年者の自己判断になってしまいますが、そもそもネガティブな言及の適切な摂取量というのを当人が把握できるかという問題があります。「ネガティブな言及を見るとイライラする。でもネガティブな言及を探すことをやめられない」というアディクションはよくあること*5ですし、その反対に、「ネガティブな言及は別に見なくていいの?じゃあ一切見ない」というふうにして、成長の機会を奪ってしまうこともあるかもしれません。
しかしそのような欠点を考えても、この配慮の方法が最もベターではないかと、僕は考えるのですが、皆様は、どうお考えになるでしょうか?

参考になりそうな文献

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

12歳からのインターネット

12歳からのインターネット

つながりすぎた世界

つながりすぎた世界

フィルターバブル──インターネットが隠していること (ハヤカワ文庫NF)

フィルターバブル──インターネットが隠していること (ハヤカワ文庫NF)

*1:またこれは懐かしいはてなIDですな

*2:例: white-cat-tennis.xyz togetter.com togetter.com nlab.itmedia.co.jp www.comico.jp twitter.com

*3:そもそも「叩き」と「正当な批判・批評」をどうやって区別するの?という根本的な疑問はありますが、それは置いておきます

*4:参照:togetter.com

*5:少なくとも自分はこのアディクションにかかりやすいです

独断と偏見の中二病・邪気眼年表

中二病邪気眼について考える材料として、ふと年表を作りたくなったので作ってみる。随時更新。

年表

~1950年代
  • 1886年4月24日 マスメディアで初めて「コックリさん」の流行が報じられる。
  • 1909年8月14日 御船千鶴子1886年生まれ)が「千里眼」能力の持ち主として新聞に取り上げられる
  • 1933年1月9日 三原山火口で女学生2人が投身自殺。それ以降投身自殺がブームに
  • 1945年8月15日 終戦
  • 1946年4月1日 坂口安吾(1906年生まれ)が随筆『堕落論』を発表

堕落論・日本文化私観 他二十二篇 (岩波文庫)

堕落論・日本文化私観 他二十二篇 (岩波文庫)

人間失格 (集英社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

1960年代
  • 1960年6月15日 安保反対デモに参加していた樺美智子(1937年生まれ)が死亡。

復刻 人しれず微笑まん―樺美智子遺稿集

復刻 人しれず微笑まん―樺美智子遺稿集

幻魔大戦 [Blu-ray]

幻魔大戦 [Blu-ray]

  • 1969年1月18日~1月19日 東大で山本義隆(1941年生まれ)ら東大全共闘安田講堂を占拠
  • 1969年4月7日 東京都で起きた連続射殺事件の容疑者永山則夫(1949年生まれ)が逮捕される。

69 sixty nine (文春文庫)

69 sixty nine (文春文庫)

1970年代

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

  • 1974年 ユリ・ゲラー(1946年生まれ)の来日により、超能力ブームが起こり、秋山眞人(1960年)、清田益章(1962年生まれ)らが「超能力少年」として注目される
  • 1974年 中岡俊哉(1926年生まれ)が『狐狗狸さんの秘密 君にも心霊能力を開発できる』を出版。コックリさんブームが来る。

  • 1979年 雑誌『ムー』が武田崇元(1950年)らによって創刊される

ムー 2017年8月号 [雑誌]

ムー 2017年8月号 [雑誌]

1980年代
  • 1980年11月29日 当時20歳の予備校生(1960年生まれ)が父親を金属バットで殺害する神奈川金属バット両親殺害事件が発生。受験戦争や親子間コミュニケーションの問題などが指摘される。
  • 1981年1月1日 ビートたけしによるラジオ番組「ビートたけしオールナイトニッポン」が放送開始。若者たちに大人気を博し、後の芸人たちのあこがれのラジオ番組となる。
  • 1982年 大友克洋(1954年生まれ)によるマンガ『AKIRA』が連載開始

構造と力―記号論を超えて

構造と力―記号論を超えて

チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)

チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)

  • 1983年6月 中森明夫(1959年生まれ)が『漫画ブリッコ』誌上にて「おたくの研究」を発表。大塚英志(1958年生まれ)と論争になる。
  • 1983年12月1日 シンガーソングライター尾崎豊(1965年生まれ)が「15の夜」でデビュー。夜の校舎窓ガラス壊してまわり盗んだバイクで走り出す。

15の夜

15の夜

  • 1986年2月1日 東京都中野区で当時13歳の少年(1973年生まれ)がいじめを苦に自殺。「葬式ごっこ」といったいじめが担任によっても行われていたことに批判が巻き起こる。
  • 1986年4月8日 当時の人気アイドル岡田有希子(1967年生まれ)が投身自殺
  • 1986年4月26日 チェルノブイリ原発事故。広瀬隆(1943年生まれ)の『危険な話』をバイブルに、反原発運動が盛り上がる。

新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)

新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)

  • 1986年12月20日 日渡早紀(1961年生まれ)がマンガ『ぼくの地球を守って』を連載開始。前世少女らの人気を集めるが、1989年12月発行の8巻*2で「この作品はフィクションです!」という声明を出した。

ノーライフキング (河出文庫)

ノーライフキング (河出文庫)

少女民俗学―世紀末の神話をつむぐ「巫女の末裔」 (光文社文庫)

少女民俗学―世紀末の神話をつむぐ「巫女の末裔」 (光文社文庫)

  • 1989年1月7日 昭和天皇(1901年生まれ)が崩御(死亡)
  • 1989年7月23日 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の容疑者として宮崎勤(1962年生まれ)が逮捕。おたくバッシングが始まる。

Mの世代―ぼくらとミヤザキ君

Mの世代―ぼくらとミヤザキ君

1990年代

80年代の正体 (別冊 宝島)

80年代の正体 (別冊 宝島)

  • 1990年7月6日 神戸高塚高校で女子生徒(当時15歳、1975年生まれ)が校門にはさまれ、死亡。管理教育の象徴として批判を浴び、保坂展人(1955年生まれ)、外山恒一(1970年生まれ)らによって反管理教育運動が始まる。
  • 1991年 中島梓栗本薫、1953年生まれ)が『コミュニケーション不全症候群』を出版

コミュニケーション不全症候群 (ちくま文庫)

コミュニケーション不全症候群 (ちくま文庫)

美少女戦士セーラームーン 全12巻完結セット (新装版) (KCデラックス)

美少女戦士セーラームーン 全12巻完結セット (新装版) (KCデラックス)

A [DVD]

A [DVD]

トンデモ本の世界

トンデモ本の世界

  • 1995年7月 宮台真司(1959年生まれ)による評論『終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル』が発表。事件の原因に若者たちの「さまよえる良心」があると主張し、それを克服する処方箋として、女子高生たちに習う「まったり革命」を提唱する。

新ゴーマニズム宣言スペシャル脱正義論

新ゴーマニズム宣言スペシャル脱正義論

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

バトル・ロワイアル 上  幻冬舎文庫 た 18-1

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1

2000年代

非戦

非戦

  • 2001年10月6日 岩井俊二(1963年生まれ)監督作品『リリィ・シュシュのすべて』が公開。いじめ問題やインターネットでのコミュニケーションを鋭く描く

リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]

リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]

  • 2002年6月 木尾士目(1974年生まれ)によるマンガ『げんしけん』が連載開始。第三世代オタクのオタクライフをリアルに描いた作品として人気となる。

ヨイコノミライ完全版 1 (IKKI COMICS)

ヨイコノミライ完全版 1 (IKKI COMICS)

  • 2004年6月1日 当時11才の少女(1993年生まれ)が同級生を学校で殺害した佐世保小6女児同級生殺害事件が発生。容疑者が『バトル・ロワイアル』の二次創作小説を発表していたことや、「ぱどタウン」というSNSで被害者とトラブルになっていたことが注目を集める。
  • 2005年7月26日 山野車輪(1971年生まれ)により『マンガ嫌韓流』が出版。ネット右翼たちのバイブルとなる

マンガ嫌韓流

マンガ嫌韓流

  • 2007年1月26日 「元祖アキバ系女王」の異名を持つ桃井はるこ(1977年生まれ)が『アキハバLOVE』を出版

アキハバLOVE

アキハバLOVE

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)

ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)

  • 2009年10月15日 志倉千代丸(1970年生まれ)らによって制作されたTVゲーム「STEINS;GATE」が発売開始。中二病の主人公といったキャラクターや、感動的なシナリオが人気を博し、TVアニメ化もされる。

STEINS;GATE

STEINS;GATE

2010年代

友だちを殺してまで。

友だちを殺してまで。

中二病でも恋がしたい! (KAエスマ文庫)

中二病でも恋がしたい! (KAエスマ文庫)

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 006 神崎蘭子

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 006 神崎蘭子

  • 2012年2月20日 ヒップホップMCのZeebra(1971年生まれ)と伊集院光との間で中二病についての論争が勃発。*4
  • 2013年1月16日 でんぱ組.incのシングル『W.W.D/冬へと走りだすお!』が発売。メンバーたちのいじめや引きこもり実体験をモチーフにした赤裸々な歌詞が注目を集める。また、歌詞内に「中二病」という言葉が含まれる。

W.W.D/冬へと走りだすお!

W.W.D/冬へと走りだすお!

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 043二宮飛鳥

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 043二宮飛鳥

参考になりそうな文献・リンク

togetter.com
anond.hatelabo.jp
d.hatena.ne.jp
chikumaonline : 中二病の誤読誌-republic1963

霊感・前世・オカルトについて

霊感少女論

霊感少女論

オカルトの帝国―1970年代の日本を読む

オカルトの帝国―1970年代の日本を読む

オカルトの惑星―1980年代、もう一つの世界地図

オカルトの惑星―1980年代、もう一つの世界地図

UFOとポストモダン (平凡社新書)

UFOとポストモダン (平凡社新書)

tiyu.to

若者論

教室内(スクール)カースト (光文社新書)

教室内(スクール)カースト (光文社新書)

融解するオタク・サブカル・ヤンキー  ファスト風土適応論

融解するオタク・サブカル・ヤンキー ファスト風土適応論

検証・若者の変貌―失われた10年の後に

検証・若者の変貌―失われた10年の後に

ネットいじめ (PHP新書)

ネットいじめ (PHP新書)

政治意識

“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究

“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究

親米と反米―戦後日本の政治的無意識 (岩波新書)

親米と反米―戦後日本の政治的無意識 (岩波新書)

嗤う日本の「ナショナリズム」 (NHKブックス)

嗤う日本の「ナショナリズム」 (NHKブックス)

「若者の現在」政治

「若者の現在」政治

*1:

*2:当初1994年発行の最終巻と記述していましたが、

という指摘を受け訂正。ご指摘ありがとうございます。

*3:押しかけ厨対策 - PukiWiki

*4:togetter.com

*5:togetter.com

「論壇プロレス」よもう一度!―『現代ニッポン論壇事情』を読んで

北田暁大栗原裕一郎後藤和智の鼎談をまとめた新書『現代ニッポン論壇事情』を読みました。
いやー、かつて論壇誌とかが盛んに出版されていて、いわゆる「論壇プロレス」というのが活発だった頃に、大塚英志*1とか宮台真司宮崎哲弥*2とかがやっていたシュートな批判を思い出して、かつて論壇プロレスが大好きだった人間としては、「『論壇プロレス』が蘇ってきた!」と、興奮を感じました。
正直、立場としてはこの鼎談の主張は、文化左翼かつ反安倍・野党共闘派で資本主義大嫌い、ついでに言えば後藤氏もいまいち好きになれない(まあ、それは向こうも同じみたいで、後藤氏には以前↓のように
批判されているわけですが)な僕の立場とは全然相い容れないにも関わらず、「いいぞ、もっとやってやれ!」と叫びたくなる、そんな書です。
いやほんと、この本のガチさに比べれば、この本で批判されている現代ニッポン論壇の論客たちが、いかに小粒な試合しかやってないかっていうことですよ。

批判されている論客

とりあえずまずは、この本のガチさを分かってもらうために、この本での、論客たちや論壇上のもの・ことへの批判を、とにかく羅列してみましょうか。

北田 ……思想経歴の落とし前もなく、「正義の人」になってしまっているのが、どうにも理解できない。「正義の人」に転向するのはいいんですが、俗流初期中年論を掲げて、政策的にも放置されている出生コーホートを「最弱」なだといいのける。びっくりしましたね。

北田 ……本当に社会に対して無責任だと思う。

北田 結局、内田樹は精神論なんだよね。

後藤 ……『動物化するポストモダン』に対して「ポストモダン社会を生きる若者像を描いている」という評価もありますが、どうしてあんないい加減な本がそう受け止められるのかという疑問があったんですよね。
栗原 ……東は若手をはべらせては使い捨てるようなことをずっと繰り返しています……

後藤 ……東さんは「自分だけが本質を見ている系」……

栗原 ……東浩紀の批判者みたいに売り出しましたけど、要は東浩紀の掌の上で東を批判するようなことばかり書いていた……

北田 ……宮台さんの言う「社会システム理論によれば」というのは、「私の考えによれば」以外の何ものでもなくて、システム理論をまじめにやっていれば到底あんなこと言えないですよ。ルーマン何も関係ないですもん。……

北田 宮台さんは彼が部分的にしか見ていない「沖縄」が理想社会なんですよ。……沖縄が日本社会の行き着く先だなんて、呆れてしまう……

後藤 宮台さんは、最近の本を読むとほとんど過去の理論の焼き直ししかやってないです。
北田 ごめんなさい、私、読んでいません。
栗原 俺も読んでないです。

後藤 宮台さんこそ「自分だけが本質を見ている系」のスターですよ。

  • ニッポンのジレンマ

北田 ……学究肌の人が出る番組じゃない。とにかく中高年の人たちにとって非常に無害な人たちが立ち並んでいて、衝撃を受けたんです。

北田 ……NHKの「ジレンマ」とか本当にいい加減にしてほしい。ああいうのは公共放送で流す価値はない。……

栗原 ……『ユリイカ』にしても、今やただのオタク雑誌としか思われてないですよね?
北田 立派なサブカル誌ですよね。

栗原 ……『ユリイカ』にヤバい原稿を書いたとしても、燃える気がしない。……

北田 ……昔だったら『現代思想』『ユリイカ』『思想』に書くことはステイタスだったけれど、今の大学院生にそんな感覚はない。「それよりちゃんと査読つけたほうがよい」という感覚がある。それは全く正常なことですけど……

北田 ……同じ大学の教員と学生だから古市さんには触れないようにしてましたけど、さすがに「劣化」発言の頃からどうでもいいかと思うようになってきました。……僕は彼の本を読んでいないから何で怒っているのかわからなかったけど、テレビを観るとその理由がわかった。「ああ、これにムカつくのか」と。
栗原 あの舐め切った態度ね(笑)。……

北田 ……僕の同世代の職業社会学者で古市さんを評価している人ってゼロなんですけど。

栗原 ……濱野智史の『前田敦子はキリストを超えた』は、良くも悪くも……良くはないか(笑)、象徴的でした。濱野氏はアイドルオタクをこじらせてPIPというグループの運営に手を出したんですが、行き詰まったのか「アイドルはクソ」と言い残して途中で放り出してしまった。その後、最低限の説明責任も果たさないまま雲隠れしてしまい……ほとんど社会人失格……

後藤 ……熊代亨さんが『ロスジェネ心理学』という本を出していますが……ロスジェネより下の世代としては全く共感できなかった。……

  • SEALDs、AEQUTAS

栗原 単純に言っちゃうと、経済オンチはSEALDsが好きなんですよ。AEQUTAS(エキタス)とかも好き。
後藤 確かにそんな感じはします。

北田 ……もう現存する既成野党には絶対何も期待しない……

北田 ……共産党大会に社民党民進党の代表が行ったんですよね。あんなこと、以前だったら考えられない。……正直な話、いまだに共闘で勝とうとか言っている時点で、もう終わっているとしかいいようがない。

北田 ……やっぱり共闘って困ったものです。なんの解決にもならないですしね。

栗原 あの人、言っていること支離滅裂じゃないですか。

北田 上野千鶴子さんとか小熊英二さんとか、本当に心配になるんです。あの人達の考えが一番わからない。……あの人たちには「経済はほっといてもこの程度は維持できる」という日本経済信仰があるんじゃないか。……

栗原 ……大澤と浜崎が箱根の老舗温泉で対談しているんだけど、驚いたことに浴衣姿で写っているという。いいご身分というか何というか。……
北田 ロスジェネ論壇の一つの上がり方ですね。
後藤 そうですね、それがロスジェネ論壇の一つの上がり方になっている。
栗原 大澤、太ったよー(笑)。

北田 赤木さんって、テキサス親父っぽいですよね。

栗原 國分功一郎の『暇と退屈の倫理学』を読んだら、まず人というのは暇と退屈を持て余すものだっていうのが前提になっていてすごい違和感を覚えて、現在ってどちらかというと「退屈を持て余してる暇なんかねーよ」っていう……

北田 國分さんの本は、デリダじゃないけど、「時間が無限だ」という前提がないと成り立たないと思うけどね。

栗原 ……「素人の乱」の松本哉にしても偉くなっちゃったしねぇ。
北田 そうそう、全然貧困とは思えない(笑)。ご本人が裕福になることは構わないのだけども、それが生活保守とか彼らが言う新自由主義に当てはまっちゃってるということは、少し考えてほしいなとは思いますよね。

北田 ……白井さんすごくよい服を着ていて、生まれ育ちもよいのがわかる。一番金がない僕が一番“右側”ってどういうことですか、という話ですよ(笑)。

栗原 ……柄谷の『世界史の構造』の収奪論・搾取論にしてもやっぱり比較優位説を理解していない。もしくは理解を拒絶しているから出てくる話……

いやあ、バッサバッサと斬っていきます(笑)。斬られた人たちは、ここで斬られたことを自覚して斬り返さなきゃ、一生死んだままなわけで、ぜひとも反論に期待したいところです。その度胸がないなら、論壇からは退場すべきでしょう。
ちなみに現段階でこの本に言及している論客については、togetterにまとめているわけですが、この本で言及されている論客でこの本に反論しているのは佐々木敦と千葉雅也ぐらいです。
togetter.com

本の内容と、自分の感想

さて、ここからは実際に本にどんなことが書いてあるかと、それに対しての自分の意見を書いていきます。
本の内容は箇条書きで要約すれば以下のとおりです。

  • 90年代から現在の若者バッシング・若者擁護論は、俗流若者論であり、証拠はなにもなかった。それが受け入れられたのは、上の世代の不安や希望をちょうど表すものだったから。
  • ピントのずれた若者バッシング・若者擁護に嫌気が指した当時の若者が、その仕返しとして反左翼の冷笑系になっている
  • 日本の文化左翼は経済政策に関する展望がないが、今社会問題に口を出すなら経済に関する意見は欠かせないはず
    • 搾取とか労働問題ばっかり語ることは経済について語ることにならない。成長戦略について語らないと駄目
  • 脱成長論は結局金持ち左翼の道楽。真に庶民・貧困のことを考えるなら左派リベラルはアベノミクスを支持し、経済成長推進派に舵を切らないといけない
  • 経済の問題についてきちんと考え、エビデンスに基づいた議論と、それに基づく政策提言をやることが今論壇のやるべきこと
  • 社会学に社会全体を説明できる大理論はない。それを語るのは「自分だけが本質を見ている系」

これに対する自分の意見は以下のとおりです。

  • 俗流若者論が若者に対する期待・不安の結果だとしたら、それ自体を批判することにあまり意味はなく、肝心なのはそのような俗流若者論というものが生まれた原因を探ることにあるのでは?
  • 社会問題に対して口をだすときに経済政策への意見は、なくてもいい場合もあるのでは。例えば、政策を変えるのではなく、政策の中で生き残る方法を考えるときなどには
    • そして文化左翼の基本戦略は、むしろ「政策より対策」なのでは
  • 経済成長推進はいいけど、それが持つミクロな意味を語らなければ、経済成長推進に説得力はない
    • そしてミクロな意味には、ポジティブなものもあればネガティブなものもあるはず
  • エビデンスに基づく議論よりむしろ、エビデンスを多少無視しても自由な発想をし、そしてどのような社会であるべきか規範を語るのが、論壇の役割では
  • 真に人々に訴えかける政策提言をやるには、むしろ「自分だけが本質を見ている系」になっても、社会全体を語り、その中で規範的価値に基づいて目指すべき社会像を指し示すことが必要なはず

それぞれについて、説明していきます。

俗流若者論は、社会病理の「症状」であって「病因」ではない

この鼎談で後藤氏はいつもと同じように俗流若者論を「エビデンスがない」と非難するわけです。ただ、そこで終わるならこれまでの後藤氏の議論と同じで、正直飽き飽きなわけですが、この鼎談ではそこから一歩進み、その俗流若者論の背景には、年長世代の社会に抱える不安や希望が「若者」に反映されているのではないかといった、原因に関する考察や、この俗流若者論における「若者」が、「外国人」や「マイノリティ」に変化したものが、ヘイトスピーチであったり、ポストトゥルースといったものではないかという分析を行ったり、更に俗流若者論に対する反発が、ロスジェネやポストロスジェネに蔓延する反左翼・冷笑系の原因になっているのではないかと、考察したりします。
まあ、これに対して栗原氏は

栗原 ……ただし調査して統計を取ってみないと正確にはわからないところなので、断定するのはリスキーだと思います。……

なんて釘を刺したりするわけですが、ぼくはむしろ、そういうツッコミを受ける可能性があることを知りながら、敢えて自分の考察を明らかにした後藤氏の勇気を褒めたいと思ったりします。今までの後藤氏ならそういう風に、統計的裏付けのないことを語ることは絶対なかったわけですから。
ただ、そこまで進みながらも、相変わらず後藤氏は俗流若者論自体への批判こそが自分の使命であるというわけです。ここで僕は「ガクッ」ときちゃうんですね。いやだって、俗流若者論には、それを求める人々の心性があると分かってるわけでしょ。だったら何で、その心性の元となるものであるものを明らかにし、そこをなんとかしようと考えるのではなく、心性の結果でしかない「俗流若者論」を批判して、批判すれば問題が解決するなんて思っちゃうのか。根拠なき若者蔑視、あるいはその反対の根拠なき若者賞賛が一種の社会病理であるとするなら、「俗流若者論」はその病因である症状にすぎないということは、当人にさえ分かってきたはずなのに、なんでそこまで行ってまだ対症療法にこだわり、病因そのものを解明して治療しようという発想にならないのか、僕には理解できないんです。
もちろん、そのような解明・治療を行うためには、一旦エビデンスの世界を離れ、理論と仮説の世界に飛び込まなければなりません。しかし一旦離れたとしても、結局はそこで考えた仮説を立証するため、エビデンスの世界に戻ってくるわけなんですから、別に自分が今まで言ったことの裏切りにはならないと思うんですがねぇ。

「政策より対策」を考えるのも文化左翼の一つのあり方

この鼎談では、主に第2章で、毛利嘉孝吉見俊哉上野俊哉といったカルチュラル・スタディーズの学者や、松本哉鶴見済といった活動家を「文化左翼」とし、この人達が大勢への抵抗とか大学改革反対を叫びながら、経済への展望が全くないことを、「社会問題に首突っ込むなら経済的展望を持たなければならない」と批判します。
しかしこの批判は、僕にはどうにもピントがずれているように感じるんですね。というのも、文化左翼の基本的なスタンスって、そもそも「議会政治には期待しないで、自分たちで自分たちの理想を達成できるコミュニティ(コミューン)をDIYする」というものじゃないですか。政治とか経済とかっていうのは、悪くなるのが所与の前提であって、自分たちが
どうにかできるものではない。自分たちにできるのは、そういう体制の政治・経済からいかに逃避しつつ、自分たちの理想を、コミューンの共助などを駆使して、どうすれば実現できるかを考えることに尽きる。少なくとも僕にとって「文化左翼」の生存戦略って、そういうものです。
そもそも「文化左翼」の発想では、議会政治ってのは多数派の独裁にすぎないわけで、それは必ずマイノリティに不都合になるものに過ぎないわけです。だって政治っていうのは利益分配なわけですから。北田氏らは「いやそうじゃない、経済成長すれば全員に利益を分配させられる」というかもしれませんが、例え成長によって利益が増えたとしても、多数派が多数派の利益のみを考えるなら、多数派のみに増えた利益を分配させるに決まっているわけで、マイノリティに利益がいくわけがない。そこでマイノリティができるのは、議会政治の埒外で、多数派の利益を掠め取り、少数派内のコミュニティでそれを分配し、共助を行う、それしかないのです。
いうなれば、「政策より対策」を考えるのが文化左翼なのです。だとしたら、政策なんてものを考えるために、経済の展望を持つなんてことに無駄なリソースを費やすなら、現存の経済状況を所与のものとした上で、マイノリティ内や、対多数派の政治を考えるのは、決して間違ってないでしょう。あくまで、この世界が多数派とマイノリティの闘争であるという世界観を前提のものとした上でですが。
もしこれを否定するなら、世界を闘争の空間であるとみなす世界観そのものを否定しなければならないわけですが、そのような論はなく、ただ北田氏らは「経済展望がない文化左翼は駄目だ」と主張するわけです。これは、議論が噛み合ってないと言わざるを得ません。

経済成長のミクロな意味

この鼎談では、一貫して「経済成長の重要性」というのが強調され、現代の貧困は、経済成長が実現されれば簡単に解決され、経済成長により人々全体に利益が分配される。逆に、経済成長が実現されなければ、貧困はひどくなる一方であり、人々は利益の奪い合いを始め、社会は悪くなる一方だろう。といったことが主張されます。そしてその考えに基づけば、脱成長論は人々を苦しめる悪魔の思想、ということになります。
もちろん僕も、脱成長論の脳天気さにはうんざりします。特にブータンとかを理想社会とか言ってる奴らは大嫌いです(あんな「市民、あなたは幸せですか」なんてパラノイア的問いかけをして、それに「はい幸福です」なんて答えさせる国がまともなわけがない)。ですがその一方で、リフレ派が主張する「経済成長すれば全てがバラ色」などという未来像にも、疑問を抱かざるをえないのです。
なぜならそこでは、「経済成長を求められる状態」というものが、ミクロな人々にどんな意味を持ち、どんな心性を植え付けるものなのかが、明らかにされないからです。
それこそ、釈迦に説法になってしまって恥ずかしいのですが、社会学の古典である、マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で描かれるように

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

経済体制というものは、それを支える人々の心性抜きには成立しないし、また、経済体制が、人々の心性に重大な影響を与えもするわけです。
とするなら、「経済成長を目指す経済体制」、「経済成長を目指さない経済体制」、それぞれにも、それに適合し、人々に植え付けられる心性というものがあるはず。
事実、「デフレが人々の心性に影響を与えた」ということは、リフレ派でも「デフレカルチャー」という論で主張されることなわけです*3
ところがではその反対である「インフレカルチャー」がどういったものかは、リフレ派はほとんど語られないし、この鼎談でも語られません。ですがデフレカルチャーがあるなら当然インフレカルチャーだってあるはずですし、そしてさらに言うなら、文化相対主義の立場に経てば、デフレカルチャーにも利点はあり、インフレカルチャーにも欠点はあるはずなのに、それが語られることはないのです。
経済成長というものが人々に持つミクロな意味を指し示しているものとして、唯一といって良い記事は、以前の僕の記事
amamako.hateblo.jp
で示した、山形浩生の「ピーマンのヘタ」があります。
cruel.hatenablog.com

 人はGDPとか経済成長とかいうことばだけ覚えて、なんかわかったつもりでいるけれど、それを実感として理解している人はおどろくほど少ない。でも、それは抽象的な数字なんかじゃない。明日はもう少し能率よく仕事を片付けて、あまった時間で新しい何かをやろうと思う。いまは捨てているこのピーマンのへたを、新しい料理に使ってみようと思う。そうした各種の無数の努力が積み重なっていく様子を想像してみなきゃいけない。

つまり、ピーマンのヘタを見た時、それについて活用法を考えることを強いられるのが経済成長の心性であり、むしろ何も考えないことを強いられるのが、脱成長の心性であるわけと、この説明からは捉えることができます。
あるいは自分の経験から考えましょうか。一般に、経済成長肯定派は、経済成長することによって失業率が下がり、結果的に豊かな社会になると言います。ですが、失業率の減少は、言い換えれば「働くことがより当たり前なものとして、人々に強いられるものになる」ということでもあります。例えば、失業率が高いなら、「失業率が高いんだから別に働いてなくてもいいよ」となっていたのが、失業率が下がることにより「失業率が下がったんだから、あなたも働きなさいよ」というふうに、就労規範がより強くなるということも考えられます。というか実際、現在絶賛ニート中の僕には、そういう圧力がかかっていたりします。
このように双方がどのようなミクロな意味を持ち、どのような心性に人々を誘導していくか明らかになってこそ、「経済成長、是か非か」という議論はできるのではないでしょうか。

経済成長が人々を幸せにする?でもじゃあ高度経済成長期の日本や、現在の中国の人々はみんな幸せなの?

さらに、僕が経済成長万能論に不審を抱く理由として、過去や現在において、経済成長を達成していた時代・場所が本当に幸せだったのか?という疑問があるわけです。それこそ、この鼎談でも重要なこととされている、比較分析です。
例えばリフレ派の経済学者の本を読むと、高度経済成長期の日本は経済成長をしていたから万人に利益が分配されていたと主張されます。ですが、それこそ過去の日本は、現代と比べて人権意識もジェンダー意識も劣っていて、マイノリティの権利も今よりずっと抑圧されていたわけです。そんな時代がなんで現代より幸せと言えるのか。経済成長は人々の幸せと負の相関があるとまでは言いませんが、すくなくとも正の相関はなさそうです。
時代が違うという声もあるでしょう。だったら現代で比較してみたらどうか?今一番経済成長しているところといえば中国でしょう。じゃあ中国の人々は幸せでしょうか?拡大する格差、強権体制、環境破壊、これらは経済成長が進んでも解決するどころかむしろ深刻化しているじゃありませんか。
だからと言って、僕は脱成長論が正しいというわけではありません。ただ言いたいのは、経済成長は人々の幸せに対して、必要条件ではあるかもしれないけど十分条件ではないということなのです。経済以外にも、しなきゃならないことは多分いっぱいあるはずなわけで、だとしたら「経済は経済学に任せる、社会学や論壇は別の領域で人々が幸せになるための条件を探る」というふうに、専門分化しても別にいい。むしろ、みんながみんな経済のことばっかり考えて他の問題がおろそかになるより、よっぽど良いのではないかと、そう考えるのです。
さらに言えば、「そもそも人々にとって何が幸せか?」ということは、どこで議論されればいいのでしょうか?

論壇のやるべきこととは

北田氏らの鼎談では、「論壇はエビデンスに基づいて、経済について議論をし、経済についてに展望を指し示さなければならない」と主張されます。いうなれば、彼らにとっては、経済学の学会でされるような議論が論壇のモデルケースなのでしょう。ですが、僕はこれに対して2つの点から反対です。

1,仮説提示

1つには、むしろエビデンスに基づかなくても言えるような自由な議論がなされるからこそ、論壇の議論は価値があるのではないかという点です。
人文科学・社会科学・自然科学にかかわらず、科学の研究というのは、多くが次のような手順を踏んで行われると僕は理解しています。

  • 仮説の提示
  • 仮説の検証
  • 仮説の肯定・否定

ここで重要なのが、仮説は検証されるまでは、エビデンスに基づかない、あくまで「思いつき」レベルであるということです。仮説が正しいか間違っているか証明するが研究なのですから、研究の始まりにおいては、仮説は未証明なのです。
そして、このような未証明な仮説は、それこそ突拍子もない議論、ブレイン・ストーミングの中からしか生まれません。もしブレイン・ストーミング中にいちいち「その発言、エビデンスあるの?」と問うような人間が居るなら、ブレイン・ストーミングの議長はむしろそのような突っ込みをする人間を追い出すべきです。
そして、僕にとって論壇とは、まず第一にそのような仮説を提示する、ブレイン・ストーミングの場じゃないかと、そう思うのです。
社会学と論壇の結びつきが強かった理由について、この本の鼎談では人脈からの説明が図られるわけですが、むしろ僕は、社会学が「学問」としてきちんとしたもの、エビデンスに基づいたものになるために、自分たちで仮説を提示することができず、その仮説の供給先として、論壇というものを必要としたという、理由の方が大きいのではないかと考えます。実際、論壇誌に載った文章を論文の一番最初に引用し、「~~という議論があるが、それが本当であるかこの論文では調査する。」という社会学の論文は、それこそ腐るほどありました。*4
この鼎談では、今の職業社会学者は論壇誌なんか全然読まないという指摘が、論壇の権威の失墜を示すものとして語られますが、僕からすると、それは結局、社会学が既存の研究の追試ばっかりしているということで、むしろ社会学の面白さの失墜に思えてなりません。

2.「なにが社会のあるべき姿か」を提示する

論壇の2つめの役割、それは、そもそも「なにが社会のあるべき姿か」、どういう社会が「人々にとって幸せな社会」なのかということを論じるということです。
これは、『責任と自由―リベラリズムの居場所』

責任と正義―リベラリズムの居場所

責任と正義―リベラリズムの居場所

なんて本を出した北田氏からすれば、あまりに初心者的発想で失笑されるような理解かもしれませんが、少なくとも僕は、社会科学というのは「価値自由」の学問であり、ある特定の価値観を推奨・強制するような議論は科学ではないと、認識しています。
しかし実際は、そもそも「どのような社会が理想か」ということについて議論がなければ、例え社会科学によって「このような政策をとればこのような社会になる」ということが選択肢として提示されても、その選択肢のどれを選ぶべきか判断できないでしょう。
いや、実際はそのような議論がなくても、個々の「判断」はなされるでしょう。極めて素朴な功利主義的判断や、あるいは「自然な」ナショナリズムエスノセントリズムにもとづいて。そしてマルクス主義はそのような議論が絶対成立しないという立場で、階級によって自らの利益を最大化する社会像は異なる、だから社会は必ず分断し、階級闘争が始まると主張するわけです。
ですが、この鼎談ではそのようなマルクス主義は否定され、社会の統合が重視されています。ならば一層のこと、それぞれの階級内利益や、裸の個人による弱肉強食の生存競争とは違う、統合された社会像が求められるはずです。
では、そのような統合された社会像はいかなるものであるべきかは、どこで議論されるのでしょう?僕には、これこそが論壇の役割であるように思えてなりません。
そしてそうである以上、「経済成長によって成り立つ社会」、「経済成長抜きで成り立つ社会」、この2つのどちらが良い社会なのか議論するのも、論壇の役割なはずであり、最初から「経済成長によって成り立つ社会」であるべきだという結論を先取りすることはできないはずです。何より、先に述べたとおり、「経済成長することのミクロな意味」が明らかになっていませんから、そもそもその2つのどちらが良いか、議論すらできてないのが現状なのです。

論壇は、学問に「先立つ」ものであり、学問の「後ろに立つ」

言うなれば、論壇は、学問に「先立つ」ものであり、学問の「後ろに立つ」ものなのでは、ないでしょうか。
まず論壇が、そのブレイン・ストーミング的な機能により、「このような施策が、このような社会を生み出すのでは」という仮説を提示します。
そして次に、学問が、その仮説の妥当性を検証し、仮説を証明、または棄却します。
最後に再び論壇が出てきて、証明された仮説に基づき、ではそこでどんな社会を目指すべきか、目指すべき社会像を議論する。
このような役割分担が、論壇と学問にはあるのであって、一概に論壇の学問化・エビデンス化を目指すことは、このような議論のサイクルを崩壊させるものに思えてなりません。
そして現在の論壇・学問の問題は、学問が論壇から離れてしまったことにより、論壇が自律して仮説を立て、その仮説を(検証ないまま)直接信じ、短絡した議論で「目指すべき社会像」を論じてしまう。一方学問は論壇と離れたために、新たな発想が生まれなくなり、既存の研究の追試ばっかりになってしまっている。そんな状況なのではないでしょうか。
重要なのは、論壇を学問化するのではなく、論壇と学問の役割分担をはっきりさせ、それぞれが「できること/できないこと」をしっかり認識する、そのうえで、両者の連携を図ることだと、僕は考えます。

政策提言のあるべき姿について

そして、そのような論壇と学問の共同作業によってこそ、北田氏らが重視する政策提言も実現できるはずなのです。
この鼎談では宮台氏が「エビデンスなしに議論をすすめる」として批判されていますが、エビデンスにこだわらず、論壇と学問の両がかりで言論活動を進めたからこそ、実効性のある政策提言ができていたわけです。
そして現在においても、社会において影響力を持つ議論は、論壇的なものと学問的なものの両がかりで進められています。
例えば、先日経産省のある若手官僚たちが示した「不安な個人 立ちすくむ国家」というプレゼン資料が大きな注目を集めました。
www.buzzfeed.com
blog.szk.cc
多分この資料は、鼎談に参加したお三方からすれば、大澤氏など鼎談で批判されている人が参加していることも相まって、まさしく「現在の日本の論壇の負の象徴」といえるようなものでしょう。
一応言っておくと、僕もこのプレゼン資料の中身には批判的です。僕が批判する理由は、主に藤田孝典氏と同じです。
経産省若手の提言「不安な個人」があおる世代間対立 | 下流化ニッポンの処方箋 | 藤田孝典 | 毎日新聞「経済プレミア」
しかし重要なのは、中身ではなく、このプレゼン資料の形式です。このプレゼン資料は、現代ニッポンの論壇的なものの領域内に踏み込むことによって、影響力を手にしています。
つまり、自分たちが目指す社会像が、人々の心性とどう相互作用を起こすか、仮説を提示し、そしてさらに、そういった社会が理想か、社会の理想像をも、提示しているという点です。
繰り返しになりますが、もし学問・科学的手法のみにこだわるならば、このようなプレゼン資料は作れないでしょう。科学は存在する仮説の検証はできても、仮説の提示はできませんし、さらに言えば社会の理想像という「価値観」を主張することもできません。
もっと言えば、このプレゼン資料は、まさしく「自分だけが本質を見ている系」です。ですが、そうやって「自分が社会全体の本質を見ることができている」と主張しているからこそ、「いや、社会全体はもっと違う機制で動いている」というような批判が可能になるわけです。これが「自分は社会の一部しかわからない」という、検挙で科学的な態度で書かれていたら、そもそも議論すること自体不可能になります。
鼎談では、「自分だけが本質を見ている系」であること自体が否定されますが、僕は、「自分だけが本質を見ている系」であること自体は、否定されるべきことではなく、むしろ論壇で主張をする前提ではないかと考えます。重要なのは、そこで他の「自分だけが本質を見ている系」との間で論争をすることを恐れず、どちらが信じる「本質」がより正しいか、オープンな議論で決着を付けることではないでしょうか。
そして、そのような営みを僕は「論壇プロレス」と呼びます。だからむしろお三方には、俺達こそ本物の「自分だけが本質を見ている系」だ!と主張し、今回の鼎談で示したような、シュートな批判を他の論客たちにもして、論壇の活性化に貢献してほしいのです。

*1:chiruda.cocolog-nifty.com

*2:この二者のうち、前者はこの鼎談での主な批判対象である一方で、後者はこの本を絶賛している(https://twitter.com/warakoichi/status/874807079009107969)というのもまた面白い

*3:デフレカルチャーと心の消費―『AKB48の経済学』 - 事務屋稼業

*4:そして、実際そういう論文は、その仮説が肯定されるにしろ否定されるにしろ、既存の研究の追試ばっかりやっているような論文よりずっと面白いです。まあそれは、それこそ僕の主観なので、押し付ける気は全くありませんが

中国・上海に行ってきました(2017/5/18~21)―2:南京東路~外灘編

DSC_0301
amamako.hateblo.jp
中国・上海旅行記。今回は南京東路~外灘を歩きます。

人民広場駅から歩く

ディズニーランド駅から人民広場駅まで地下鉄で行き、そこから南京東路を歩き、さらにその先の外灘を目指します。
DSC_0250
DSC_0256
いかにも繁華街という感じ。しかしお腹が空いているなーと思って、まずは夕食どころを探す。
すると路地を入ったところにこんなお店を見つけたので、入ってみる。
DSC_0260
頼んだのはこの二品。
DSC_0257
DSC_0259
麺の方は、うーん、カレー粉で味付けがされているんだけど、どうにも味が薄い……
湯包の方はまあまあ。開けたらスープが溢れ出して、食べ方がよくわからず、すすっちゃったんだけど、調べてみるとストローを刺してそこから吸うのが正しい食べ方らしい。
ま、とにかく腹ごしらえもできたので、歩いて行く。
DSC_0261
路面電車風のカート?みたいなのが走っている。のんびり歩いているとぶつかりそうになるのでちょっと怖い。
DSC_0264
メイソウという、ダイソー無印良品を足して2で割ったようなチェーンのお店があったので入る。中にはチープな雑貨やらが色々揃っていて、どれも結構安いので色々買ってしまう。
DSC_0320
買ったのは、パンダのライトニングケーブルに、Bluetoothスピーカーにノート。スピーカーは電源を入れると、いかにも中国っぽい訛りの英語で「ぶるぅとぅうす、ううぇいてぃんぐふぉうこねくてぃんぐ」と喋ってくれるので個人的にお気に入りです。音質?知るか。
という風に無駄遣いをしたところで再び南京東路へ。
DSC_0265
DSC_0267
DSC_0269
DSC_0273
味千ラーメンだ。ディズニータウンにあった一風堂といい、日式拉麺は中国本土でも結構人気なんですかね。
DSC_0276
DSC_0278
なんかいい笑顔だったので。
DSC_0282
なんか踊っていた。
DSC_0283
DSC_0284
Apple Storeはやっぱり人気。
と、ここで南京東路は終わり。ここから外灘へは歩行者天国ではなく、普通に歩道を通っていくんだけど、これがなかなかの混雑っぷりでした。
DSC_0286
やっぱり建設・補修中の足場は竹なんですね。
DSC_0287
いかにも中国っぽい標語がずらっと並んでいて、個人的に萌える。ちなみに共産趣味成分は次の日存分に摂取する予定なのでお楽しみに。
DSC_0288
少数民族の衣装っぽい売り子がけだるげに立っていたり。

外灘

と、そうこうしている内に外灘へ到着。
DSC_0315
DSC_0304
DSC_0303
DSC_0292
DSC_0291
川のこっち側を見れば歴史的建築物。
DSC_0302
DSC_0300
DSC_0298
DSC_0296
対岸を見れば超高層ビルという感じで、風景にみとれながら黄浦公園の方へと歩く。
ちなみに、人はものすごく多かったです。
DSC_0314
あと、こんな感じで、おそらく結婚写真を撮っている人も結構居ました。
DSC_0293
歩いているとなんか立派な銅像を見つけたので写真を撮ってみたり。
そうこうしている内に人民英雄紀念碑へとつきました。
DSC_0307
DSC_0312
DSC_0313
というわけで、ある程度建築物も夜景も堪能したので、南京東路駅へ行き、そこから地下鉄でホテルへと戻りました。
DSC_0316
趣のある路地を見つけたのでパシャリ。
DSC_0319
帰る途中自動販売機で買った飲み物。漢方風エナジードリンク?味はドクターペッパーから炭酸を抜いた感じでしょうか。
翌日はとにかく上海市内を観光しまくります。
つづく。