読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あままこのブログ

役に立たないことだけを書く。

出来るだけ互換性が高い(ChromecastとかPS4とかで再生できる)動画ファイルを作成する

先日SynologyのDS216jというNASを購入しまして、早速PCに保存していた写真・音声・動画ファイルをNASに移していました。

で、最近のNASっていうのは色々機能が充実していまして、DLNAサーバになって、PS4
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

などのDLNA対応機器や、Chromecast
Chromecast ブラック

Chromecast ブラック

に保存してある写真・音声・動画を中継する機能があったりするわけです。ということは、ChromecastやPS4を持っていれば、TVで保存している動画ファイルを簡単に再生することもできるわけです。
ところが、これがなかなか再生できない。様々なデバイスで撮影・録画した動画ファイルが混在していて、PCだととりあえずVLCあたりに任せれば何でも再生できるわけですが、PS4やChromecastだと、再生できるファイル形式やコーデックとやらが決まってるらしく、決まった設定で動画を変換しなければ再生できないわけです。
(よりハイスペックなNAS、例えばDS416playとかを買うと、ハードウェアエンコードという機能で、NASが自動的に最適な設定に変換して中継してくれるそうなんですが、この機種にはそういう機能はないみたいです。)
で、色々インターネットを検索して、どういった設定にすればいいのか、指定の設定に変換するにはどうしたらいいかを調べたので、記事にまとめておきます。

目標

  1. 1つのファイルで出来るだけ多くのデバイスに対応したい(デバイスごとにファイルを用意するのは面倒くさい)
  2. ファイルサイズはいくら大きくなってもよい
  3. 簡単に変換したい

結論

  1. 設定
    1. ファイル形式:MP4
    2. サイズ:横1960px以内・縦1080px以内
    3. 映像コーデック:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level 4.2
    4. 映像フレームレート:30fps
    5. 映像ビットレート:10Mbps
    6. 音声コーデック:AAC LC
    7. 音声チャンネル:ステレオ
    8. 音声サンプルレート:96 khz
    9. 音声ビットレート:384 kbps
    10. インターレース解除済み
  2. 変換方法
    1. ffmpegを使う
ffmpeg
  -f mp4
  -vcodec libx264
  -pix_fmt yuv420p
  -profile:v high
  -level:v 4.2
  -r 30
  -b:v 10m
  -acodec aac
  -ac 2
  -b:a 256k
  -ar 96000
  -i 変換元動画ファイル名
  -size 変換後サイズ(変換元のサイズが制限を上回っている場合)
  -vf yadif(インターレースを解除しなければならない動画の場合)
  変換後ファイル名

PS4に対応

PS4メディアプレーヤーは下記のページに対応形式が載っています
manuals.playstation.net
ただ、この形式情報以外にも以下の制限があります。

サイズ:横1960px以内・縦1080px以内

スマートフォン縦持ちで動画を撮影していると、横1960px・縦1080pxの動画が記録されたりするんですが、これをそのまま変換してもPS4では再生できません。なのでサイズを横980px・縦540pxとかに縮小しましょう。

Chromecastに対応

Chromecastの対応形式とかは見つけられなかったのですが、Youtubeの推奨エンコード設定としては下記のようなものがあるのでそれに合わせます。
support.google.com
ただ、この設定に合わせても、以下の制限に則らないと動画がカクカクします。

フレームレート:30fps以内

上記のページではフレームレート60fpsとかでも大丈夫と書いてあるんですが、実際にデジイチとかで撮影したフレームレート60fpsの動画をChromecastに中継してみるとカクカクします。調べてみるとChromecastの最高フレームレートは30らしいので、それに合わせたほうが良いでしょう。
ただこれをすると明らかに動画のヌルヌル感が減ります。Amazon Fire TV Stick

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

だとフレームレート60fpsでも大丈夫そうなので、動画の品質が劣化するのが嫌という人はそちらを購入したほうが良いでしょう(筆者は試していませんが)。

変換ソフトは何にするか

以上のことをまとめると、上記のような設定となります。
で、どうやってこの設定に変換するかなんですが、フリーのエンコードソフトとしては以下のようなソフトがあるそうです。
aviutl.info
で、この中で一番メジャーで、かつ使い勝手が良さそうなのが、ffmpegっぽいので、それを使うことにします。情報も豊富ですし、CUIなのも良しです。

ffmpegのインストール

筆者はBash on Windowsでインストールし使用しています。インストール方法は以下のとおりです。
launchpad.net

sudo add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media
sudo apt-get update
sudo apt-get install ffmpeg

使用方法

とりあえず上記で紹介したようにコマンドを入力すれば変換されます。

感想

写真でいうJPEG、音声で言うMP3みたいに、「とりあえずそのファイルフォーマットに変換しておけば互換性は安心」というファイルフォーマットのデファクトスタンダードができないもんですかね。

うんざりするフラジャイルさ

「フラジャイルさ」とかいうものが、知識人しぐさとして尊ばれてきたのは一体いつごろからなのだろう。
原発についてどう思うか」と聞かれれば、「原発賛成!」とも「原発反対!」とも叫ばずに、「それぞれにはそれぞれの立場があってー」とか言って、それで挙句の果てには「むしろそうやって踏み絵を踏ませるのが良くない」とかのたまったり、「沖縄の在日米軍についてどう思うか」と聞かれても、「トランプ大統領についてどう思うか」と聞かれても、似たような感じで自らの立場をはっきりと表明し、自らと違う立場に対し反駁するという、民主主義の議論において最も重要なことから逃げる感じ。
「わからない」と正直に告白することが偉いという。でも、「分からない」人よりは「分かる」人のほうがどう考えたって偉いだろ。みんながみんな「分からないねー、難しいねー」と言ってたら物事は何も進まない。何も進ませないことが一番悪い場合だってある。
一昔前、「決断主義」という言葉が流行ったことがあった。それが流行っていた当時は正直、決断の中身が重要なんだから、決断することそれ自体を尊んでいてもしょうがないだろと思っていた。でも今のこの現状を見ていると分かる。世の中には決断が悪いことだと考えている連中が大勢居て、そういう連中をひっぱたく劇薬として、あの言葉が必要だったのではないかと。
「強い言葉は信じない」、「正義だと言い募ったりしない」そんな態度を素晴らしいと語る連中がいる。しかし僕には、それこそ自分を一段上の「メタ正義」として特権化する言葉に思えてならないんだよ。
トランプとか橋下とか、僕は大っ嫌いだよ。でも、大っ嫌いだからこそ、そういう連中を叩き潰せるぐらい強くあれよ。「弱さだって大事だ」とか言って逃げてるんじゃねーよ。そうやって逃げてる間に酷いことが世の中では起きまくり、悲しみや苦しみが幾千と積もっていく。
今必要なのは「正義の味方」だ。「傍観者」じゃない。並み居る社会問題を一刀両断し、弱気を助け強気をくじく。その覚悟がないんだったら、言葉を発することなんかやめちまえ。

写真に対しての自分の「理想」が掴めない

写真 旅行

真正面からの仏像
最近、Adobe LightroomでRAW現像をやり始めたのは良いのだけれど、どうもいじりすぎてしまって、レタッチの落とし所が見つからず悩んでいる。

カラフルな町並み
山に突き刺さるドリルカー
まあこういう、いかにも「加工してくれー」と叫んでるような、某ネズミの王国の写真なんかは、彩度・コントラストジャキジャキに上げたり下げたりして、ノイズ除去したるしてもそんなに違和感はないのだけれど、
ヒミコ(船)
昼のガンダム
こういう写真は、下手にいじりすぎるとなんか現実感がなくなって、まるでプラモデル撮ってるようになってしまったりするし、かと言って全くいじらないとなんか雰囲気がぼやっとしてしまう。
下からのモノレール
これなんかも、もっとスナップ写真感あふれる「偶然の一枚」みたいな感じにしたいのだけれど、いざLightroomで現像するとなるとやっぱりいじりたい欲を抑えられなくなってしまい、この有様に。
バラ?
ビートル
こういう、主役がはっきりしている写真は、まあまあうまく撮れている(と自分の中で自己満足できる)のだけれど、
浅草寺への通り
特定の主役とかなくて、風景全体を写真に収めたいとかなると途端に、うまくいかなくなる。しかしこういう写真も取りたいんだよなー。
Lightroomの入門本とか買えば解決するのだろうか。
作品づくりが上達するRAW現像読本

作品づくりが上達するRAW現像読本

あるいは、オールドレンズとか買ってみるとか。
オールドレンズの新しい教科書

オールドレンズの新しい教科書

それとも原点に帰って、もっと構図とかきちんと勉強すべきなのか。
なんかこう、写真趣味って、行き詰った先で「これやったら解決できるんじゃないか」という選択肢が多すぎて困るんだよなー。

写真に対しての自分の「理想」が掴めない

amamako.hateblo.jp
この前の記事でも書いたけれど、写真趣味を持っている人って、それぞれ自分の写真に対して「かくばるべし」という理想がきちっとあると思うんだよな。ただ、自分の場合、なかなかそれが見つからない感があって、HDR写真を見て「カッコイイ」と思う自分もいれば、森山大道とかのスナップ写真を見て「雰囲気あってイイ」と思う自分もあり、どうもふらふらしている。
目の前の風景をありのままに切り取るのが写真なのか、風景の中で特に美しい部分を切り取り、より美しく見せるのが写真なのか……
色々撮影技術とか加工技術とかは学べるけど、それらは「いかに(How)」の部分は教えてくれるけど、「何を(What)」の部分を教えてくれるものはなかなか少ないし、さらに言えば、「何を」を選ぶ根本にある「なぜ(Why)」の部分は、教わるものじゃないっていう正論をぶつけてしまえばそうなんだけど、しかしそれにしたって悩んでしまう。
こういう悩みも写真趣味の一つと言えばそうなんだろうけどね。
一旦、撮って出しに戻ってみるかなー。

経済成長論争ってなんでこう、レッテル貼り対決になるのか

経済 経済成長

なんか中日新聞上野千鶴子氏が寄稿した文章を元に、またインターネット上では「経済成長は善か悪か」論争が盛り上がっているそうです。
synodos.jp
この論争を読んでいて、ちょっと古参のブロガーなら即、「ああ、またこの論争か」と思うことでしょう。経済成長論争っていうのはそれぐらい、ブロゴスフィアで何度も何度も繰り返し論争の対象になってきた話題だからです。
d.hatena.ne.jp
anond.hatelabo.jp
eulabourlaw.cocolog-nifty.com
大体四年おきぐらいに議論がぶり返していますな。オリンピックか。
しかしそれだけ議論が何回も何回も行われていても、いまだブロゴスフィア内ですら合意形成ができていないのが、この「経済成長論争」というものなわけです。
僕が思うにその原因っていうのは、結局経済成長肯定派も否定派も、相手の議論こそがすべての人々を不幸にする悪魔的政策であるとレッテル貼りするばかりで、経済成長することのメリットとデメリットは何かがわからない。経済成長を推し進める、またはやめるという政策を取ると、どういうタイプの人が幸福になって、そのかわりにどういう人が不幸になるか、それが客観的に示されないからであるように、思えてならないんですね。
それこそ一番最初に示した北田暁大氏の論考でも、「脱成長論は新自由主義だ!」とレッテル貼りをして、脱成長論のデメリットばかり掲げられるけど、それらの反論が脱成長論肯定派の議論とかみ合っているかといえば、正直かみ合ってないと言わざるをえないでしょう。北田氏は新自由主義「小さな国家(緊縮財政)/個人主義的な競争主義/流動性の上昇/貧富の格差の肯定」と定義するけど、それってまさに脱成長論者が「経済成長の弊害」として指摘するものじゃないですか。

結局、経済成長とは私たちの「生活」とどう関係するのか

なぜ経済成長論争がこんな風にレッテル貼り対決にしかならないか。それは、結局経済成長肯定派も否定派も、経済成長それ自体や、その経済成長を人々に強いる、または脱成長を人々に強いるということが、人々のミクロな生活(労働だったり余暇だったり)をどう方向づけるのか、価値表明の前の事実認定の段階での合意形成が取れていないし、取る気もないからではないでしょうか。
いや、マクロな面で言えばそりゃ経済成長の定義っていうのは明白なんでしょう。国内総生産が前年と比べて増加すれば経済成長?とかそんな感じなんでしょう。
しかし、そうやってマクロな現象である経済成長が、人々の一体どういうミクロな営みによって形成されているのか、経済成長が人々を幸福にするか不幸にするか問うなら、まさにそういうミクロな視点から見た経済成長論こそが重要なはずなのに、経済成長肯定派も否定派も、そういうミクロの営みについてはほとんど語らないわけです。
そんな中で、唯一と言ってもいいぐらい、経済成長というもののミクロな意味について語っている文章があります。山形浩生氏の下記の文章です。
cruel.hatenablog.com

 人はGDPとか経済成長とかいうことばだけ覚えて、なんかわかったつもりでいるけれど、それを実感として理解している人はおどろくほど少ない。でも、それは抽象的な数字なんかじゃない。明日はもう少し能率よく仕事を片付けて、あまった時間で新しい何かをやろうと思う。いまは捨てているこのピーマンのへたを、新しい料理に使ってみようと思う。そうした各種の無数の努力が積み重なっていく様子を想像してみなきゃいけない。

僕は、ぶっちゃけ山形浩生氏というのは大嫌いなんだけど、この簡潔な説明にはやはり敬服せざるをえないと思うわけだ。経済成長とは「明日はもう少し能率よく仕事を片付けて、あまった時間で新しい何かをやろうと思う。いまは捨てているこのピーマンのへたを、新しい料理に使ってみようと思う。そうした各種の無数の努力が積み重なっていく」ということだという認識。
もちろん、この認識が本当に正しいのかどうかまでは、僕は判断できない。山形浩生氏は経済成長肯定論者だから、経済成長否定論者からするとまた別の認識の仕方があるのだとは思う。ただここで重要なのは、こうやって、「そもそも私たちが生活の中で何をしたり、強いられたりすることで経済成長が起きるのか」という、経済成長というもののミクロな意味を確定させようとしていることでしょう。なぜならこれがまず最初にこれがなされない限り、結局経済成長論は空疎な議論にしかならず、結局レッテル貼りにしかならないのですから。

自分の生活との関連が分かって初めて、その政策について評価できる

なぜこういう風にミクロな観点から経済成長というものが生活に占める位置を確定させることが重要なのかと言えば、こうやってミクロな意味をはっきりすることで初めて、「では人々は経済成長を選択すべきか否か」がわかるからです。
例えば上記の定義に従って言うならば、経済成長を肯定し、経済成長を推し進める政策とはつまり「明日はもう少し能率よく仕事を片付けて、あまった時間で新しい何かをやろうと思う。いまは捨てているこのピーマンのへたを、新しい料理に使ってみようと思う。」ことを奨励し、人々にこのように振る舞うよう条件付ける政策ということになります。そして逆に言えば、経済成長を批判し、脱成長を推し進める政策とはつまり、「明日はもう少し能率よく仕事を片付けて、あまった時間で新しい何かをやろうと思う。いまは捨てているこのピーマンのへたを、新しい料理に使ってみようと思う。」ことをむしろ悪いことだと考え、人々にこのようにしないよう条件付ける政策ということになります。
このように具体的に、人々の生活をどう条件付けるかが分かって初めて、そのどちらを選ぶか判断ができるわけです。例えば僕なんかは、常に改善を考えなきゃいけない生活とか大嫌いで、出来る限り何も考えないで日々を過ごしたいから、後者の政策のほうが良いと思うわけですが、しかし世の中にはそうではなく、常に改善を考えるのが大好きな人間も居て、そういう人間は前者の経済成長を推し進める政策を支持するでしょう。そして、共通の事実に基づいて、それぞれ独自の価値観を持った個人がある政策について価値表明を行い、そしてどちらの価値を国是とするか、国民が議論を行うことにより、国家として選択をする。
政策論議とはこのようになされるべきだと思うのです。
しかし現状のインターネット上での経済成長論争はこのような場面にいくことはほとんどありません。経済成長肯定論者は経済成長がメリットしかないかのように語り、経済成長否定論者は経済成長がデメリットしかないかのように語る。実際は、経済成長というものが一つの現象であり、それが人々の生活の中から発生する出来事である以上、かならずそれに適合する人もいれば不適合を起こす人もいるはずなのに。
一体なんなんだろうかこれは。議論に参加している人たちは、僕なんかよりずっと頭のいい人ばかりなはずなのに。